So-net無料ブログ作成

雪残る筑波 [春分]

resize12796.jpg

先週今度行う自然観察会の下見を兼ねて筑波山に行ってきました。薄曇りではありましたが暖かな春の陽気で格好のトレッキング日和になりました。

今回も真壁側から登り、旧ユースホステル跡地、御幸ヶ原。そして時計回りに男体山自然研究路を巡って再び御幸ヶ原に戻り女体山へ。女体山から裏筑波キャンプ場へと下り、真壁に戻るルートになります。

ユースホステル跡地までの道沿いに、3m程の樹高のある木から黄色い花をつけたものがぶら下がっています。
resize12815.jpg
キブシの花序です。

そしてこちらも黄色の花を持つクロモジ。冬芽の愛くるしさ同様、花も造形美のある観ていて飽きない姿です。
resize12807.jpg

エンレイソウの花
resize12817.jpg

湿り気のある沢の近くではユリワサビが沢山咲いています。
resize12816.jpg

ユースホステル跡地に着く頃雲が切れ始め、陽が射してきました。
resize12819.jpg


登ってすぐの林床ではカタクリが蕾を膨らませています。
resize12820.jpg

ミヤマシキミも花の蕾が出ていました。
resize12818.jpg

アカシデやブナ、ミズナラといった樹木が増えてきて頂上は間近です。
resize12821.jpg
アカシデ

resize12797.jpg
ブナと男体山

頂上付近では二月末に降った雪がまだ溶けずに残っていました。
resize12814.jpg

漸く御幸ヶ原に到着。真壁の街並みと加波山もよく望めます。
resize12798.jpg


続きはまた明日。






コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。