So-net無料ブログ作成
検索選択

萌ゆる里山 その2 [清明]

定例になった流山市野谷の森の散策のつづき。
resize12913.jpg

萌木色の森の中を歩いていきます。この辺りはイヌシデが多い場所です。
resize12933.jpg

そしてクヌギの多い定点観測の所へ。曇り空で今一解り難いです。雄花が確認できます。
resize12935.jpg

その林床ではジュウニヒトエが咲き始めています。
resize12937.jpg

こちらはホウチャクソウです。
resize12936.jpg

サンショウはまだ蕾でした。
resize12938.jpg

定点観測の近くコナラの多い場所に移動。
漸くウグイスの鳴き声がします。今年は例年より少ない気がします。オオタカの鳴き声は聴こえません。中地区の森に移動したのでしょうか?学校から聞こえる生徒の大声や東側に造っているマンションの騒音が影響しているのではないでしょうか?
resize12908.jpg

シロダモの新葉は毛が生えています。触るとウサギの耳みたいです。
resize12907.jpg

ツボスミレ
resize12909.jpg


少し離れたスギやヒノキの多い林床では植栽されたニリンソウが育っていました。完全には開いていませんでしたが花も確認できます。
resize12910.jpg


東側の入り口付近のマユミ。蕾が出ています。
resize12914.jpg

森の縁を西に向かって歩きます。途中の民家の庭ではクサノオウが咲いていました。
resize12915.jpg

こちらはカキドオシ。
resize12916.jpg

学校前に着くと道を挟んだ反対にはイヌシデが雄花を落とし、葉を伸ばし始めています。
resize12918.jpg
resize12919.jpg

道端に落ちた雄花
resize12920.jpg

アカメガシワの新葉
resize12917.jpg

ムクノキの下ではタチツボスミレが一面咲いています。
resize12924.jpg
resize12925.jpg

カメラを構えていると裏手でガサガサ音がするので見返ると雄のキジがいました。どうもお邪魔したようです。キジムシロならぬヘビイチゴが咲いていました。
resize12922.jpg


2週間後はまたどんな姿を見せてくれることでしょう。生長が著しいこの時期はあらゆるものに関心を示してしまいます。
resize12921.jpg






コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。