So-net無料ブログ作成

印西の観音杉 [清明]

先日の神崎神社の帰り道、天気が急速に回復して雲の切れ間から青空が覗いています。
折角なので印西の松山下公園に車をデポして、田園の広がる里山を見ながら畦道を歩いてきました。

畔に咲く紫の花、良く見慣れたヒメオドリコソウですが、それに混じって白い花のヒメオドリコソウが一帯に咲いています。
resize12980.jpg

初めて観るシロバナ種のヒメオドリコソウです。花だけでなく葉も白さがうかがえます。
resize12979.jpg
resize12973.jpg

畦道を逸れて一般道の坂道を上っていきます。確かこの辺りであろうと、目星をつけて目的地に向かったのですが、地図も携帯も持たずに出てきたのが災いして迷ってしまいました。
民家が立ち並ぶ長閑な場所で、人に場所を聞こうにも人一人歩いておらず静まり返っています。ふと行きには気がつかなかった目的地の標識が、わからず引き返してきたその時に標識を発見しました。
よく見ると一方向にしか標識が出ていないことがわかり、納得しました。

目的地は宝珠院観音堂。ここにある観音杉の巨樹を拝見したく向かっていたのです。
標識通り細い路地を入っていきます。それは人が一人通れるほど狭い生け垣と境界木に挟まれた径です。
これは間違いで民家のお宅に向かう径なのではと勘ぐりたくなるほど。
急に目の前が拓け、茅葺きのお堂が現れました。
resize12981.jpg

臨済禅が中国唐代の様式を伝承して建てた室町時代後期建立のお堂です。ちょうどヤマザクラが見頃を迎えていました。
resize12976.jpg

その真向かいの参道脇に今回目的の巨樹が立っていました。
resize12983.jpg
幹周りは5.8m、樹高は12,3mといったところでしょうか?

この木は二本がくっついて成長しています。
resize12985.jpg

resize12974.jpg

resize12984.jpg


この杉の近くに負けじとスダジイの巨樹も見られました。斜面には得るこのスダジイは以前書いた”環の大樟”の興源寺にあるスダジイに良く似ています。まるで生き物のように太い枝が四方に伸びる姿がそっくりでした。
resize12978.jpg

奥に観音杉と手前のスダジイ
resize12977.jpg


まだこの辺りは開発の手が延びておらず、昔からの由緒ある里山の風景が残されています。
吉高の大桜から始まった巨樹巡り、神崎神社の大樟そして観音堂の観音杉と梯子ができて充実した一日でした。








コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。