So-net無料ブログ作成

穀物の生長を促す雨 [穀雨]

今日は二十四節気の”穀雨”にあたります。明日からは暫く愚図ついた天気が続きます。春雨が降るこの時期、これこそ穀物が生長するための恵みの雨なのです。


先日定例の市野谷の森へ出掛けてきました。午前中は爽やかな雲のない良い天気でしたが、午後に入り厚い雲に覆われてきました。
resize13002.jpg

前回から10日ほど経ちましたが森の生長は著しいもので緑が一気に増えてきています。
コナラやイヌシデ、クヌギといった雑木林に代表的な樹木は花も咲き終わり新しい葉が出揃い始めています。その中、漸くムクノキが遅れて葉がで始めてきています。
resize12987.jpg

まだ3月初めはロゼットだったオニタビラコも長い茎が伸びて花を咲かせ始めています。
resize12998.jpg

西側の入り口のクヌギの定点観測
resize13010.jpg

ウラシマソウもあちこちで花を咲かせています。
resize13011.jpg

学校の建設で整地されてしまった森の縁、今年は期待できなかったセリバヒエンソウが、逆に整地により種が分散されて一面に咲いていました。この時期タチツボスミレに並んでお気に入りの花です。
resize13009.jpg
resize13008.jpg

今回ちょうど学校が昼休みの時間に当たり、校庭では子供たちが歓声をあげて遊んでいます。去年この時期聴こえたオオタカの鳴き声は今日も聴くことはできませんでした。ひょっとしたら居なくなってしまったのではないでしょうか?同じ流山でも中地区の森で姿を観ることが多くなり、鳴き声も良く聴きます。移り住んでいるのでしょうか?

ハリギリも大分成長しました。
resize13012.jpg

そしてイヌシデ中心の場所。若草色という言葉がぴったりです。
resize13013.jpg

明日この続きをお伝えします。




コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。