So-net無料ブログ作成
検索選択

ミズキの里山 [穀雨]

5月を迎え森の緑が少しずつ濃くなってきました。緑に映える白の花を持つミズキが流山の里山で咲き始めています。

中地区の森の縁では棚状に枝を伸ばした先に白い小さな花をつけた花序を出しています。resize13073.jpg

resize13071.jpg

resize13072.jpg

春になって動き出した虫たちがミズキの花の蜜を求めてやってきます。
resize13075.jpg

resize13076.jpg


久し振りに熊野神社も廻ってきました。ホオノキはすっかり大きな葉をつけていました。
resize13074.jpg

境内のツリバナの花が咲いていました。
resize13068.jpg
resize13067.jpg

スダジイ
resize13069.jpg

神社の近くの民家にあるイロハモミジ。花はとっくに終わりを告げて翼果ができていました。
resize13077.jpg

その隣にある誰も住んでいない廃墟の庭先にスダジイの巨樹があります。柵越しにしか判断できませんが、流山でも恐らく1、2位を競うほどの幹周りではないでしょうか?
4mほどの単独の幹です。樹高は約15mほどです。
resize13078.jpg

resize13066.jpg


熊野神社の森の縁にやはり白い花が咲いていました。
どうやらカマツカの花のようです。この辺りでは見かけない樹木で、初めて流山では見ました。
resize13070.jpg


このあと市野谷の森へと定例の観測をしに向かいました。
そこではもうギンランが咲き始めていました。

resize13094.jpg







コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。