So-net無料ブログ作成
検索選択

初夏間近の市野谷で [穀雨]

定例の市野谷の森へ。
西の入り口のクヌギは葉が大分揃い始めました。
resize13098.jpg

タチツボスミレは終わりを告げ、セリバヒエンソウももうじき終わろうとしています。
resize13096.jpg

とって変わってハルジオンが勢力を拡大しています。
摘むと貧乏になってしまう”貧乏草”とよく言われたものです。道端にどこにでも咲いていましたが、よく見ると可憐な花であることが解ります。元は1920年代に観賞用として入ってきたものだそうです。北アメリカ原産。
resize13090.jpg

ヤブタビラコの花も増えてきました。
resize13095.jpg

上を見上げるとミズキの花。
resize13097.jpg

10日ほど前までは葉が出たばかりで、隙間から空が多く見えたムクノキでしたが、今回はすっかり空を仰げません。並びのエノキより成長期間が早いことに気がつきます。
resize13099.jpg

森の中に入っていくとちらほら道沿いにキンランを見かけます。
resize13100.jpg

クロヒカゲが多く見られます。
resize13079.jpg

イヌシデの林は緑が濃くなって葉に遮られ先が見えなくなってきました。
resize13101.jpg

森の中央のクヌギの定点観測
resize13089.jpg

その下ではキンランに混じってギンランも咲き始めています。
resize13081.jpg
resize13082.jpg



明日はこの続きを。



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。