So-net無料ブログ作成
検索選択

地蔵けやき [立夏]

仕事で久し振りに茨城の取手に行ってきました。
少し早めに現地入りしたので、打ち合わせ前に、小貝川の南側にある下高井の臨済宗普蔵山高源寺にお邪魔してきました。

山門手前にある両脇の桜は青々とした葉をつけて木陰をつくっています。その下に6体のお地蔵さんがお出迎え。
山門を潜ると左手に大きなケヤキが立っています。樹勢保護のため手を加えている様子から、かなりの古木であることが解ります。
resize13235.jpg


反対に回ると大きな空洞になっており、抜けるように円形の穴も空いているのが見て解ります。
resize13251.jpg
樹齢/伝承1600年
幹周り/10m
樹高/15m

昔、高源寺が火災にあった際にこのケヤキも類焼してできたといいます。
その後、この空洞に子育て地蔵が安置されるようになったそうです。
resize13242.jpg
resize13248.jpg

このケヤキの円形の穴を潜り、お地蔵さんに詣でれば、安産できるとする信仰があったといい、多くの方が遠方から来られたと云います。(現在は樹勢保護のため、潜ることはできません)
resize13236.jpg

保護のお陰でまだまだ元気な枝振りと葉のつき方です。いつまでも元気な姿でいてほしいものです。
resize13249.jpg

ここの高源寺には市町村が指定する樹木が沢山あり、ツバキやカヤを始め、幹周り5.5mの巨樹のスダジイもこの地蔵けやきに寄り添って生えています。
resize13250.jpg
ツバキ

resize13245.jpg
カヤ

resize13232.jpg
resize13233.jpg
resize13234.jpg
二本あるスダジイのうち1本は途中で伐採されてしまっています。理由は不詳。もう1本も支えがないと倒れてしまうほど斜めになっています。

このお寺の裏では開発が進み、工場、商業施設や新興の住宅が次々と出来て来ていました。
静かな小貝川沿いの高台に佇むお寺と共に生きてきたこの樹木たちには、時の流れと共に今の姿をどう写しているのでしょうか?
resize13247.jpg





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。