So-net無料ブログ作成

茨城南部の巨樹巡り [夏至]

梅雨に入り、蒸し暑い晴れの日が続きましたが、どうやら今週から本格的な雨の出番になりそうです。

去年まで頻繁に訪ねていた茨城県南部の牛久沼小貝川そして利根川周辺の樹木巡りでしたが、限られた時間の中で再訪しようと何度も計画は立てるものの、どうしても近場と言うこともあり、優先順位的にはいつも後回しになってしまいました。
resize15407.jpg
小貝川に架かる沈下橋 小目沼橋

今回、特別何かがあったと言うわけではないのですが、急に訪ねたいモードに入ってしまい、思い立ったら吉日と言うことで、半日かけてまだ観ぬ巨樹を求めて出掛けてきました。
牛久市から始まりつくばみらい市、取手市そして龍ヶ崎市と4市を跨いで来ました。詳細は後日レポートいたします。

まず最初に訪れたのが牛久沼に近い牛久市城中町にある得月院にあるカヤの巨樹。
河童の絵でも知られる小川芋銭の眠る墓があることでも有名なお寺です。樹齢は500年、幹回りは5m、樹高は20m程になります。樹の下にいるとあのグレープフルーツに似た香りがしてきます。
resize15416.jpg

ここから車で15分ほど行ったところにあるつくばみらい市板橋にある板橋不動尊のケヤキの巨樹。幹回りは5.9m、樹高は剪定されていますが15m程の高さを誇ります。
resize15417.jpg
他にもカヤなどの3mを越える幹回りの巨樹もあります。

冒頭の小貝川の写真の近くに、同じくつくばみらい市の下小目沼八坂神社があります。
ここには樹高25m、幹回り5.3mのケヤキがあります。ちょうど夏祭りの準備で村人が大勢いるなかでの訪問でした。今年初めてニイニイゼミの鳴き声を聴きました。
resize15418.jpg

朝食も摂らずに巡っていたので少し早めのランチを戴き、次なる取手市へ。久し振りにお邪魔しようと向かった取手市下高井高源寺の都道府県指定天然記念物のケヤキでしたが、生憎お寺は葬儀の真最中で今回は遠慮することに。
次なる場所は同じ取手市の東漸寺。 ここには県内最大のクスノキと大イチョウがあります。
resize15420.jpg
クスノキは樹高は20m、幹回りは7m、320年の樹齢になります。

resize15419.jpg
仁王門を潜ると樹高は19m、幹回りは6.2m、言い伝えで樹齢600年と言われているイチョウです。

ここからさらに南に下りて取手市の最東部小文間(おもんま)にある香取神社へ。うっそうと生い茂る何本ものスダジイの境内。その中でも幹回り5.4m、樹高10mほどの注連縄の掛かるスダジイ。
resize15412.jpg

そして最後の市、龍ヶ崎へ。
昔からの広大な庭園と立派な民家が建ち並ぶ若柴町。その一角に金龍寺があります。正門入り口にある枯死寸前の古いムクノキ、そしてその奥、消防団の小屋の脇にもこちらは樹勢のあるムクノキがあります。
倒れ掛かるムクノキですが葉もしっかりつけており、果実も実っています。
resize15415.jpg

樹高は20m、幹回りは5.2mの勢いあるムクノキ
resize15414.jpg

以前はこの二本のムクノキが参道を栄えさせていたのでしょう。


ここから少し歩いて林の中へと向かいます。途中ザクロの花が咲いていて、花期を終えた落ちたものを拾って並べてみました。まるでタコさんウインナー!
resize15409.jpg


目的の鬮神社へ。「鬮」くじと読みます。26画、書けと言われても無理!
(話は逸れますが常用漢字で一番多い画数は29画の鬱だそうです)

香取神社を何倍も掛けたような薄暗い「鬱」蒼としたここは本当に龍ヶ崎と思うほどの森に神社は建っています。参道の入り口にそびえるのは狛犬ならぬケヤキとスダジイ。正に神聖なる森の中にお詣りする感じです。
resize15413.jpg
写真向かって左がケヤキで幹回りは4m、樹高は30m。右のスダジイは4.7mの30mになり、共に推定300年の樹齢を持ちます。

全く違うまるで別世界の鬮神社が今回の巨樹巡りを締めさせてくれました。以前この近くまでよく訪れていましたが、こんな場所があるとは全く知りませんでした。奥の深い巨樹散策でした。

resize15411.jpg
アジサイと東漸寺




コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。