So-net無料ブログ作成

ハルゼミの鳴く筑波へ その1 [夏至]

昨日20時に仕事を終わらせて、そのまま筑波へと向かいました。前線と台風の影響で筑波に向かう途中は道路が川になるくらいの大雨でした。
何とか無事食料を調達して、22時半いつもお世話になっている来楽庵さんに宿泊。

resize15497.jpg

夕飯戴きながら、外灯に集まる昆虫の観察。
清流が近くを流れているのでコカゲロウやヘビトンボが蛾と共に集まってきます。
resize15495.jpg
resize15488.jpg

庭にあるクヌギも傘を差して観に行くも、雨でクワガタはいませんでした。

今朝7時になっても雨止まず今日の登山は諦めか?と考えながら朝食を戴く。その後来楽庵さんのご主人、奥様と雑談している間に雨は上がり、辺りが明るくなってきました。
諦めかけていた気持ちも急転、山登りの準備をして早速出掛けることに。いつもより2時間遅いスタートです。
宿のそばにアオモンイトトンボでしょうか?優雅に雨上がりを楽しんで飛んでいます。
resize15498.jpg

林道脇にはオオバギボウシやオカトラノオが咲き始めて、早くも目を楽しませてくれています。
resize15499.jpg
resize15494.jpg

ウグイスに混じってキビタキのさえずりをよく耳にします。そしてニイニイゼミ。
林道には大量の雨でしょうか?水と共に砂利や土が多く流されてきた跡があります。マツクイムシにやられたアカマツ枯れた立ち木があちこちで倒れている姿が多いです。

筑波中腹まで登ってきました。この辺りからよく見かけるのがトリアシショウマです。
resize15482.jpg

そしてヤマアジサイ。ガクアジサイの小型版といったところでしょうか。
resize15497.jpg

少し時期は過ぎてしまいましたがギンリョウソウもまだ健在です。
resize15501.jpg

スギやヒノキの植林地を過ぎ、コナラからミズナラ、イヌシデからクマシデやアカシデに代わり始めた辺りから、ヒメハルゼミの鳴き声がしてきました。その数はどれ程でしょう。ウグイスの鳴き声が消されてしまうほどの大合唱です。そしてブナが登場してきます。
resize15480.jpg


今日はこの辺で




コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。