So-net無料ブログ作成

房総の巨樹巡りその2 [小暑]

流石に長い距離の運転と巨樹散策はこの暑さと合間って堪えました。夏場は数少なく近場での巨樹巡りが良いようです。
勢いある枝葉の姿はこの時期ならではですが、暑さ対策だけでなく、少し茂みにも入るので、虫対策も必要になります。
昨日は遭遇しませんでしたが、スズメバチや房総に多いヒルなどにも気を付けておかないといけません。飲料はもちろん、この時期は虫除けや救急用具も携帯しています。

休題閑話


昨日の巨樹巡りの続きです。
鴨川の清澄寺をあとにして勝浦へ。今年はじめて海を見た気がします。天津小湊の磯で遊んでいる家族連れが目立ちました。いよいよ子供たちの夏休み突入です。

海を尻目に林道を山側を目指していきます。山間に広がる田園風景に癒されながら、脇道に逸れてさらに一本道を進むとその終わりに現れた風景に思わず声をあげてしまいました。
resize15581.jpg

勝浦市名木にある日蓮宗寂光寺のスダジイです。かなり手前に車を置いて樹厳を楽しみながら行こうとした瞬間、なにか動くものが!民家の軒先にあの今話題になっているキョンがいました。それほど警戒心はなく辺りを彷徨いています。
resize15580.jpg

ハルゼミの大合唱の中佇むこのスダジイは樹高24m、幹回りが8.9m。樹齢は300年以上になりますが、株立ちとは違って一本の主幹から扇形に広がる樹形は威風堂々としており、千葉県内でも1位2位を競うほど立派なものではないでしょうか?
去年霞ヶ浦を見渡す高台に立つ空禅寺のイタジイに匹敵する素晴らしいものです。
resize15582.jpg

ちょうどお昼ということもありせっかくなので勝浦担々麺でもと、いつも行くお店に行ったらもうすでに30人ぐらい待っていて、諦める以外無くそのまま次の場所へ。

大多喜町小田代にある日枝神社。人里から少し離れた高台にたつ神社。
resize15583.jpg

山門を潜ってすぐ脇に立つのが雄の龍と書いて"雄龍"のスダジイ。龍が昇天する姿に見えることから名付けられたとか。
樹高は16m、幹回り7.4m。樹齢は1000年とも言われていますが、実際には2、300年ではないでしょうか?
resize15584.jpg

雄があれば雌龍があっても不思議ありません。神社の奥の林の中にひっそりと立っています。
resize15587.jpg

どちらも主幹に空洞が出来ており、長い年月がたっているものと思われます。樹勢はあり元気ではありますが。樹高は10m、幹回りは7.3mで樹齢は1000年と表記されています。
resize15586.jpg


13時を過ぎて暑さのピークへ。いい加減に空腹なのと疲れが出てきて高滝にあるイチョウを最後に今回は終了と決めました。
市原市本郷にある三峰神社のイチョウ。高滝湖を望む台地にあるイチョウは樹高は23m、幹回りは10m。
樹齢は300年だそうです。
resize15588.jpg

台地に吹く風が心地好い。イチョウの木の下で休んでいると暑さも空腹もなにかも忘れられる時間ができました。青空と白い雲、そして緑のイチョウの葉。締めには素晴らしい巨樹巡りでした。
resize15590.jpg




コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。