So-net無料ブログ作成
検索選択

小貝川の沈下橋と大ケヤキ [大暑]

つくばみらい市を流れる小貝川。下小目村と平沼村を結ぶ ために作られた木製の橋があります。
resize15623.jpg

"小目沼橋"という沈下橋です。幅は1.5m、長さは60mほどで欄干はありません。昭和31年に作られたものです。橋脚や梁まですべて木製で作られ、日本でも木製のこの長さの沈下橋は他に見られないほどだそうです。

沈下橋は字を読んで如く、川の増水時に橋が水面に沈下してしまいます。欄干によって川の氾濫が起きてしまうことを想定して、排除されているのです。
下小目から平沼を見る
resize15625.jpg

平沼から下小目を見る
resize15626.jpg

小貝川は昔から氾濫を起こす川としても有名です。
そういった環境下で、川の流域に住む人々が行き交うための架け橋だけではなく、自然のなかで暮らす人々の川との付き合いの表れがこの橋に垣間見ることができます。
resize15618.jpg

ハグロトンボがわらわらと飛び交っていました。
resize15624.jpg


平沼から下小目に向かう小目沼橋の上で左前方に、こんもりとした森に一際大きな樹が一本立っているのがわかります。
resize15619.jpg

土手を上って近づいて見るとさらにわかります。
resize15620.jpg

下小目村の八坂神社。
resize15622.jpg

ちょうどこの日はお祭りの準備に追われ、村の方々が大勢集まっていた中で写真を撮らせていただきました。
参道の左奥にその大きな樹があります。ケヤキで樹高は25m、幹回りは5.3m、枝葉の勢いも良くまだまだ大きくなりそうな気配です。
resize15617.jpg

resize15621.jpg

注連縄こそしてはいませんでしたが、充分御神木に匹敵するだけの風格が醸し出されていました。
今回はあまりご迷惑にならぬよう、引き上げましたが改めてもう一度訪ねてみたいと思います。



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。