So-net無料ブログ作成

葉月の市川大町の谷津田 [大暑]

八月に入ったにも関わらず、梅雨がまだ明け切っていないのではないかと思うような愚図ついた天気が続いています。

先日市川の梨街道を車で走っていると、通り沿いの農家ですでに梨の販売が始まっていました。
雨降る予報が出ていましたが、なんとか降る前にと、市川大町の長田谷津にお邪魔してきました。
resize15650.jpg

毎回訪ねる前にこの時期何が観れるのか、過去を思い起こしながら計画を立てます。
インターネットを頼ればすぐに答えは出てきますが、それでは感覚は鍛えられません。なのであえて頭の中で思い起こすのです。気温や湿度、匂い、色等々できる限り五感を研ぎ澄ませて計画を進めます。
ですので実際行ってみると時期的に早かったり遅かったりもして、見逃すことも多々ありますが、それも良しと思っています。勿論見事的中すると喜びはひとしおですが。
今回はオニヤンマとミソハギ、そして長年見ることのできていないコバノカモメヅルの観察が目的です。

早速車を止めて谷津田に下りていきます。入り口にはこの時期見られる動植物の写真の看板が立っています。参考にしながら進みます。

コナラにノコギリカミキリがとまっています。
resize15628.jpg

ナナフシモドキがトイレの外壁に。白い壁では簡単にそれと解ってしまうのは如何なものか?なぜここに迷い混んだのでしょう?
resize15639.jpg

今年は紅葉山は下草が刈り取られて、思うような林床の植物を見ることができません。今回出会えたのはアキノタムラソウと最後のヤマユリだけでした。
resize15658.jpg

resize15659.jpg

一部イロハモミジが早くも色づいていました。
resize15657.jpg

池の縁を歩いていても、今日は天気が崩れる予報からなのか人も疎ら。鳥を観に来る人たちもいません。

いつもの場所で。
resize15653.jpg

暫く歩いていくと前方から賑やかな声がしてきました。中学生の研修会でしょうか?長田谷津について指導員なのか先生なのかがレクチャーしていました。
その脇を通りすぎようとした時、柵に一匹の蛾が止まっていました。柵の色に近く、危うく見過ごすところでした。
モモスズメでしょうか?体長も大きい綺麗な個体でした。
resize15660.jpg
resize15661.jpg

ヘクソカズラが咲き始めています。
resize15662.jpg

カマキリの幼生たち
resize15629.jpg
resize15640.jpg

半湿地に生えるコバノカモメヅル、遊歩道を左右に観ながら歩いていますが見当たりません。時期的にまだ早いのでしょうか?ツル植物なので検討はつけて観てはいますが全く。カナムグラとノブドウのツルが殆どです。
そんな中、今回初めてお目に掛かる小さな花を見つけました。コバノカモメヅルに似たツル植物のアマチャヅルでした。
昔流行ったアマチャヅル健康茶のアレです。
多種類のサポニンが含まれることから鎮静効果があり、ストレス抑制に良いとされています。動脈硬化やガン予防、肩凝り解消、神経痛やリウマチ改善とたくさんの効能があります。

葉を観たことはあっても花は初めて。コバノカモメヅルの花にとても良く似ています。僅か5、6mmほどの花なので近づいて観ないと解らないかもしれません。
resize15631.jpg

resize15651.jpg



次回に続く。





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。