So-net無料ブログ作成

市野谷の森のキンラン [穀雨]

細かい雨の降る流山の市野谷の森。レインウエアを着込んで入ってきました。
resize13056.jpg

新緑の中は雨降りの空でも明るく感じます。
定点の森の中央に位置するクヌギが多い場所では、ジュウニヒトエやホウチャクソウが相変わらず咲いていますが、新たにこれらも咲き始めていました。
resize13063.jpg

ハナイカダの雄花
resize13058.jpg

マムシグサ
resize13057.jpg

そしてキンラン。市川でも咲いていたのでひょっとしてと思い、今回市野谷の森に入りました。
resize13059.jpg

resize13060.jpg

resize13061.jpg
若草色の森に一際目立つ黄色い春の妖精です。

暦ではもう春もおしまいです。田んぼには水が入り、代掻きが始まっています。
里山はミズキの花が咲き始めました。
resize13062.jpg



コメント(0) 

初夏を迎える谷津田 [穀雨]

先日久し振りに市川大町の長田谷津にお邪魔してきました。朝まで降っていた雨も上がり、日が差し込んできて気温も上がってきました。
resize13050.jpg

遊歩道には沢山のシオヤトンボが羽を休ませています。
resize13053.jpg
シオヤトンボのオス。まだ成熟していない個体です。

resize13054.jpg
こちらはメス。

遊歩道のそばの木々は花真っ盛りです。
ニシキギ
resize13031.jpg

コウゾ
resize13036.jpg

イロハモミジ
resize13037.jpg

イヌザクラ
resize13038.jpg

オニグルミ
resize13052.jpg
雌花
resize13051.jpg
雄花


2mほど離れた湿地に生えるアシの葉にヤマサナエが止まっていました。時より吹く強い風で揺れる葉に必死にしがみついていました。
resize13035.jpg


resize13039.jpg
午後からの天気回復でこの日はあまり多くの人がいません。池を離れて山側を散策。


その縁にはこの時期楽しみにしているホタルカズラを今年も見つけました。
resize13040.jpg

丘に上ると新緑が鮮やか。木陰でもこの時期ならではの明るい森を造り上げていました。
resize13044.jpg

林床ではキンランが咲いています。
resize13041.jpg
resize13046.jpg

ホウチャクソウ
resize13043.jpg

アマドコロ
resize13047.jpg


色鮮やかな森で暫し深呼吸。逆光のイロハモミジの若葉の萌木色が目に留まりました。
resize13048.jpg

この日初めて高齢の母を連れてこの谷津田に連れてきました。
先日会津の桜を観にバスツアーで廻ってきたばかりの元気な母は、今日の新緑や野草をこんな近場で多く観れたことにえらく喜んでくれました。
連休明けに麗澤大学の構内の花を見に行きたいとせがまれるほどでした。
母を連れての観察は続きそうです。

resize13045.jpg




コメント(0) 

船戸の森へ [穀雨]

昨年初めて訪ねた我孫子にある船戸の森。花の時期は過ぎて葉だけが生い茂り、来年こそは是非観に来ようと考えていました。

今回漸く午後から休みが取れて訪ねてきました。南からの強い風が吹き荒れ、予報では3時頃から雨が降り出すことを告げていました。
何とか降り出す前にと、カメラ片手に慌てて船戸の森へ向かいました。手賀沼の縁沿いに今もなお残る里山。地主と地元の方により手入れが行き届いた気持ちの良い森です。
resize13026.jpg

今にも泣き出しそうな空、沼から吹く強い風。鳥たちは鳴いておらず、代わりにアマガエルが「クワックワックワッ」と甲高い声で鳴いています。この声を聞くと雨が近いと誰からか聞かされました。
実際”雨鳴き”と言われるそうです。

クヌギやコナラの雑木林の林床では春を代表とする花が咲いていました。
ホウチャクソウ
resize13019.jpg

ウラシマソウ
resize13029.jpg

アマドコロ
resize13028.jpg
resize13027.jpg


斜面ではゼンマイが出ていました。
resize13020.jpg
resize13021.jpg

コナラは新しい葉が出て暗い空を明るくさせてくれています。
resize13030.jpg


針葉樹で薄暗い湿り気のある森の中に目的の花が咲いていました。
resize13015.jpg
ムサシアブミです。サトイモ科テンナンショウ属で先ほどのウラシマソウ、マムシグサや筑波に多いミミガタテンナンショウと同じ仲間です。

葉は2枚、小葉は3枚あり小葉1枚は約30cmほどの大きさです。
resize13018.jpg

葉と葉の間に見える白っぽいのが仏炎包(ブツエンホウ)。
横から見るとこんなシルエットです。
resize13016.jpg
resize13017.jpg
resize13025.jpg

このように丸まった形が馬具の鐙(アブミ)~鞍の両側に垂れ下がる乗るための足掛け~に見え、しかも武蔵の国で造られた鐙がそれとよく似ていることからそう言われる由縁です。ミミガタテンナンショウに似て端が耳の形をしています。
resize12904.jpg
ミミガタテンナンショウ(筑波山にて)

花はこの仏炎包の中にあります。白い棒状のものが少しだけ顔を覗かせています。
resize13024.jpg

この辺りは群落を作っており多くのムサシアブミを観ることができる貴重な場所です。

念願かなって漸く観れた姿は正直その造形がヘビが鎌首を上げているような姿で、おどろおどろしいものでしたが、仏炎包のストライプ模様の美しさには自然が作り出した形容し難いものがありました。







コメント(0) 

若草色の森へ [穀雨]

流山の市野谷の森にて。

イヌシデの森を抜け、クヌギとコナラの森へ。
いつもの定点観測の場所に向かいます。若草色の葉が多くなり空の見える空間が少なくなってきました。
resize13014.jpg

林床ではジュウニヒトエがあちこちで咲き始めています。
resize12990.jpg
resize12992.jpg

サンショウの花も咲いていました。
resize12991.jpg

ホウチャクソウ
resize12989.jpg
resize12988.jpg

スギやヒノキの多い新しく見つけた場所ではニリンソウが咲いています。
resize12994.jpg

まだ早いですがヒトリシズカの若葉
resize12995.jpg

マムシグサの仏炎苞
resize12996.jpg

シロダモの若葉が出揃いました。遠目では白い花のよう。
resize12997.jpg

東の入り口から南側の森の縁を歩きスタート地点の場所へ。
サルトリイバラの花が咲いています。
resize12999.jpg

タケニグサ
resize13003.jpg

イヌシデはすっかり葉が出揃いました。
resize13000.jpg

あのゴンズイはどうなったでしょう?
resize13001.jpg
ここに来て一気に葉をつけて葉痕や冬芽の時の面影は無くなっていました。


すっかり若草色の出揃った樹木の葉で目を楽しませてくれましたが、まだまだ終わりませんでした。
イヌシデの下の下草が刈り取られて手入れされたところでは、新しい息吹が始まっていました。

resize13004.jpg
春の七草のゴギョウで有名なハハコグサです。

resize13006.jpg
少し解り辛いかもしれませんが、1m四方に4種の花が咲いています。写真上はジュウニヒトエ、下はヘビイチゴ、左端はタチツボスミレ、右は今回この森で初めて見つけたキランソウです。

一つ一つの花がジュウニヒトエに似ていますが、柱のように立ち上がらず、地面に這うように濃い青紫の花をつけています。
resize13007.jpg
resize13005.jpg


一雨ごとに葉は生長をして、出揃いそして色が濃くなっていきます。次回はどんな森の姿を観ることができるのでしょう。






コメント(0) 

穀物の生長を促す雨 [穀雨]

今日は二十四節気の”穀雨”にあたります。明日からは暫く愚図ついた天気が続きます。春雨が降るこの時期、これこそ穀物が生長するための恵みの雨なのです。


先日定例の市野谷の森へ出掛けてきました。午前中は爽やかな雲のない良い天気でしたが、午後に入り厚い雲に覆われてきました。
resize13002.jpg

前回から10日ほど経ちましたが森の生長は著しいもので緑が一気に増えてきています。
コナラやイヌシデ、クヌギといった雑木林に代表的な樹木は花も咲き終わり新しい葉が出揃い始めています。その中、漸くムクノキが遅れて葉がで始めてきています。
resize12987.jpg

まだ3月初めはロゼットだったオニタビラコも長い茎が伸びて花を咲かせ始めています。
resize12998.jpg

西側の入り口のクヌギの定点観測
resize13010.jpg

ウラシマソウもあちこちで花を咲かせています。
resize13011.jpg

学校の建設で整地されてしまった森の縁、今年は期待できなかったセリバヒエンソウが、逆に整地により種が分散されて一面に咲いていました。この時期タチツボスミレに並んでお気に入りの花です。
resize13009.jpg
resize13008.jpg

今回ちょうど学校が昼休みの時間に当たり、校庭では子供たちが歓声をあげて遊んでいます。去年この時期聴こえたオオタカの鳴き声は今日も聴くことはできませんでした。ひょっとしたら居なくなってしまったのではないでしょうか?同じ流山でも中地区の森で姿を観ることが多くなり、鳴き声も良く聴きます。移り住んでいるのでしょうか?

ハリギリも大分成長しました。
resize13012.jpg

そしてイヌシデ中心の場所。若草色という言葉がぴったりです。
resize13013.jpg

明日この続きをお伝えします。




コメント(0) 

印西の観音杉 [清明]

先日の神崎神社の帰り道、天気が急速に回復して雲の切れ間から青空が覗いています。
折角なので印西の松山下公園に車をデポして、田園の広がる里山を見ながら畦道を歩いてきました。

畔に咲く紫の花、良く見慣れたヒメオドリコソウですが、それに混じって白い花のヒメオドリコソウが一帯に咲いています。
resize12980.jpg

初めて観るシロバナ種のヒメオドリコソウです。花だけでなく葉も白さがうかがえます。
resize12979.jpg
resize12973.jpg

畦道を逸れて一般道の坂道を上っていきます。確かこの辺りであろうと、目星をつけて目的地に向かったのですが、地図も携帯も持たずに出てきたのが災いして迷ってしまいました。
民家が立ち並ぶ長閑な場所で、人に場所を聞こうにも人一人歩いておらず静まり返っています。ふと行きには気がつかなかった目的地の標識が、わからず引き返してきたその時に標識を発見しました。
よく見ると一方向にしか標識が出ていないことがわかり、納得しました。

目的地は宝珠院観音堂。ここにある観音杉の巨樹を拝見したく向かっていたのです。
標識通り細い路地を入っていきます。それは人が一人通れるほど狭い生け垣と境界木に挟まれた径です。
これは間違いで民家のお宅に向かう径なのではと勘ぐりたくなるほど。
急に目の前が拓け、茅葺きのお堂が現れました。
resize12981.jpg

臨済禅が中国唐代の様式を伝承して建てた室町時代後期建立のお堂です。ちょうどヤマザクラが見頃を迎えていました。
resize12976.jpg

その真向かいの参道脇に今回目的の巨樹が立っていました。
resize12983.jpg
幹周りは5.8m、樹高は12,3mといったところでしょうか?

この木は二本がくっついて成長しています。
resize12985.jpg

resize12974.jpg

resize12984.jpg


この杉の近くに負けじとスダジイの巨樹も見られました。斜面には得るこのスダジイは以前書いた”環の大樟”の興源寺にあるスダジイに良く似ています。まるで生き物のように太い枝が四方に伸びる姿がそっくりでした。
resize12978.jpg

奥に観音杉と手前のスダジイ
resize12977.jpg


まだこの辺りは開発の手が延びておらず、昔からの由緒ある里山の風景が残されています。
吉高の大桜から始まった巨樹巡り、神崎神社の大樟そして観音堂の観音杉と梯子ができて充実した一日でした。








コメント(0) 

鎮守の森 [清明]

熊本で大きな地震がありました。余震はなお続いており多くの方々が犠牲になり、被災された方が大勢います。心からお見舞い申し上げます。

以前仕事で一緒になった友人が今実家の熊本に戻っています。心配でメールを送ったところ、無事が確認できました。「昨日の地震より今朝の方が大きく恐ろしかった」と。「断水しており、湧き水を飲んでいる状態だ」とメールには書いてありました。それでも今はそれほど危機的な状態ではないらしく、心配しないでくださいとも書かれていました。

テレビやラジオで流れる地震報道は5年前の東日本大震災をフラッシュバックしてしまいます。あの地震以降大きく変わった身の回りに起きた出来事が次々と思い起こされてしまいます。

震災から1ヶ月が過ぎ、慌ただしくのんびりも出来なかった日々、久々に向かった場所が流山の熊野神社でした。灯籠は倒れ、鳥居も隙間が生じていました。しかし神殿には特に影響もなく無事でした。裏手にある鎮守の森も以前と変わらぬ春を迎えていました。

疫病や自然災害で村人たちを救ってきた鎮守の森。手入れの行き届いた森は神が人々を護ってくれます。そうでないと見放されてしまいます。そんな言い伝えが残っています。



先日の神崎神社も周りが水田地帯が広がる場所に、こんもりとした丘陵に建てられています。
resize12956.jpg


森は鬱蒼としていますが手入れもされており、まさに鎮守の森に相応しい姿です。先日紹介したクスノキを始め、多くの高木が育っています。
resize12959.jpg
ケヤキ

resize12963.jpg
ムクノキ

resize12960.jpg
スダジイ

林床には春を告げる花が咲いていました。
resize12961.jpg
ムラサキケマン

resize12962.jpg
ニリンソウ

resize12966.jpg
タチツボスミレ

resize12964.jpg
オドリコソウ

木々は芽吹きから新緑の季節へと移り変わっていきます。この時期植物にとって一番のエネルギーを出す時です。そのパワーを全身に受けて前向きにいきたいです。



コメント(0) 

ナンジャモンジャの木 [清明]

吉高の大桜を拝見してそのまま帰宅するのも勿体無く、少し車を走らせて利根川近くの高台にある神崎神社にお邪魔してきました。
resize12957.jpg

この神崎神社は飛鳥時代に建立されたとされています。今ではこの境内の鬱蒼と生い茂る森は「神崎の森」呼ばれ、県指定天然記念物に指定されています。
resize12952.jpgresize12965.jpg

スダジイ、アカガシ、ケヤキやムクノキなどどれも立派に生長した樹木の森に一際目に引く巨樹が本殿脇にあります。
resize12972.jpg

なんじやもんじや”と表されています。
resize12967.jpg

ナンジャモンジャと言ったらヒトツバタゴを思い起こすのですが、ここの木はクスノキを指します。
m_resize7256.jpg
(これはヒトツバタゴです)

3本あるクスノキの真ん中、主幹が失われている注連縄が巻かれた木がこの”ナンジャモンジャの木”にあたります。
resize12970.jpg
その名の由来は延宝2年(1674年)4月、水戸光國公が参詣に来られた際「この木は何というもんじゃろか」と自問し、感嘆されたといいます。それ以来この木を”ナンジャモンジャの木”として知れ渡ったそうです。
その当時、このクスノキがどれ程あの光國公が唸るほど立派な木であったのでしょうか?


明治42年12月、この神社の神殿が炎上した時にクスノキにも燃え移り主幹は失われました。
resize12954.jpg

主幹は失われましたが、ひこばえが育ち現在に至っています。今でも新たなひこばえが出ています。
resize12968.jpg

その後、この焼けてしまった主幹とひこばえが何故か国の天然記念物に指定されます。普通では考えつかない指定ですが、由緒ある樹木だからこそなのでしょうか?正にナンジャモンジャです。

樹高7m(ひこばえは27m)、幹周りは10m、推定では1000年以上の古樹でした。


今ではこの神殿横にある3本の木は衰えることなく競う合うように元気に育っています。
resize12971.jpg
resize12955.jpg

この時期新しい葉との入れ替わりで、林床にある苔の緑の絨毯に古い葉を落としていました。
resize12958.jpg





コメント(0) 

吉高の大桜を観に [清明]

早朝4時半、辺りは薄暗く悪いことに上空は雲に覆われています。
車を走らせて間も無く、フロントウインドウに雨粒が当たり始めました。有休を取って念願の吉高の大桜を朝一番で観に行く予定でした。先週の天気予報では晴れだったのですが・・・
何ともついていない。。。

普通ソメイヨシノなら花が満開になってから5、6日程は散らずに楽しめるのですが、この吉高の大桜は2、3日しか持ちません。
この機会を逃すとまた来年までお預けになってしまいます。休みを取った以上意地でも行かねば!という思いで向かったのです。

5時を少し過ぎた頃現着。
この開花期間は近くまで車は入ることが出来ず、少し離れたところに臨時の駐車場が設置されています。
もうすでに何台もの車が停まっています。同じ考えの人はいるのですね。
そこに車を置いて歩くこと10分、森に囲まれた小高い丘陵の上に薄い桃色の山型をした樹形の吉高の大桜が現れてきました。
resize12939.jpg

運良く雨は上がったものの雲は厚く、薄暗い夜明けを迎えました。
ここの桜はヤマザクラで樹齢300年以上、根廻り6.65m、樹高は11.7mもあります。
resize12944.jpg

resize12943.jpg

resize12941.jpg

resize12946.jpg

resize12951.jpg

奈良時代の和名抄に記されるこの地、その時の郷の中心である須藤家の氏神の祠にこの桜は植えられたとされています。今では地元の方が大切に保護してくださっています。人が立ち止まる桜の前にはチップを敷き詰め、この桜の根を痛めないようにしてあります。

同じ考えの人はいるもので、この桜を観に早朝から20名ほどの老若男女が思い思い眺めています。
resize12948.jpg

桜の下では菜の花やムラサキハナナが色を添えています。
resize12949.jpg

resize12940.jpg

風が吹き、花弁が雪のように舞います。

この美しさに暫し時を忘れて佇んでしまいます。

resize12950.jpg
resize12942.jpg


花が咲く頃、何人の人がこの樹の前で立ち止まり見上げてきたことでしょう。
resize12947.jpg


諦めず観に来て良かったです。天気こそ思わしくなかったですが、この樹の美しさに感謝して後にしました。
resize12945.jpg







コメント(0) 

萌ゆる里山 その2 [清明]

定例になった流山市野谷の森の散策のつづき。
resize12913.jpg

萌木色の森の中を歩いていきます。この辺りはイヌシデが多い場所です。
resize12933.jpg

そしてクヌギの多い定点観測の所へ。曇り空で今一解り難いです。雄花が確認できます。
resize12935.jpg

その林床ではジュウニヒトエが咲き始めています。
resize12937.jpg

こちらはホウチャクソウです。
resize12936.jpg

サンショウはまだ蕾でした。
resize12938.jpg

定点観測の近くコナラの多い場所に移動。
漸くウグイスの鳴き声がします。今年は例年より少ない気がします。オオタカの鳴き声は聴こえません。中地区の森に移動したのでしょうか?学校から聞こえる生徒の大声や東側に造っているマンションの騒音が影響しているのではないでしょうか?
resize12908.jpg

シロダモの新葉は毛が生えています。触るとウサギの耳みたいです。
resize12907.jpg

ツボスミレ
resize12909.jpg


少し離れたスギやヒノキの多い林床では植栽されたニリンソウが育っていました。完全には開いていませんでしたが花も確認できます。
resize12910.jpg


東側の入り口付近のマユミ。蕾が出ています。
resize12914.jpg

森の縁を西に向かって歩きます。途中の民家の庭ではクサノオウが咲いていました。
resize12915.jpg

こちらはカキドオシ。
resize12916.jpg

学校前に着くと道を挟んだ反対にはイヌシデが雄花を落とし、葉を伸ばし始めています。
resize12918.jpg
resize12919.jpg

道端に落ちた雄花
resize12920.jpg

アカメガシワの新葉
resize12917.jpg

ムクノキの下ではタチツボスミレが一面咲いています。
resize12924.jpg
resize12925.jpg

カメラを構えていると裏手でガサガサ音がするので見返ると雄のキジがいました。どうもお邪魔したようです。キジムシロならぬヘビイチゴが咲いていました。
resize12922.jpg


2週間後はまたどんな姿を見せてくれることでしょう。生長が著しいこの時期はあらゆるものに関心を示してしまいます。
resize12921.jpg






コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。