So-net無料ブログ作成
検索選択

晩冬の筑波へ [雨水]

一昨日仕事を早めに切り上げて筑波へと向かいました。
今回はいつもお世話になっている真壁の来楽庵さんでのんびり一泊して翌朝山に入るという計画です。

午前中曇っていて時折小雨が降ったりと先行き不安な様子でしたが、午後に入ると雲が切れ陽が射してきました。
何時もなら帰る時間に今回は筑波に入る、何か小学校の土曜日のようで気持ちが高揚してしまいます。(今は休みですが昔は午前中授業がありました)筑波で一日半楽しめるかと思うとワクワクしてしまいます。

山に近づくに連れて風が強くなってきました。
resize14732.jpg
正に筑波下ろし。農家の方が田んぼにトラクターを入れて田起こしをしていました。起こしたあとを追うようにカラスが何か餌を探しています。

まずはこの日泊まる来楽庵さんへ。ご挨拶して早速今日の宿の離れに移動。一人贅沢に使います。
暗くなる前に食材を求めて真壁の街へ。
今宵は茨城の銘酒”一人娘”を戴くことに。あとは適当にツマミを作って、〆に味噌煮込みうどん 餅入りを作りました。
resize14734.jpg

昔はよく海に行っては浜辺で焚き火をしながら色々なもの作って呑んでいましたが、今となってはやる機会も場所もなくなり、こうやって囲炉裏のあるところでしか味わえなくなりました。
焚き火や炭火をみると安らぎを感じさせてくれます。ついついお酒が進んでしまいます。
resize14736.jpg

相変わらず風は吹いていますが、離れのそばを流れる沢の流れる水の音だけが聞こえます。
resize14735.jpg


翌朝飲み過ぎても何故か目覚めよく、早速準備して山を登り始めます。
色々な植物がみられる来楽庵さんの庭でまず散策。
アブラチャンの蕾が膨らみ、もうあと僅かで開花まで来ていました。
resize14719.jpg

福寿草の花が咲いています。
resize14714.jpg
resize14715.jpg

コブシの冬芽
resize14720.jpg

沢の近くではフキの蕾が落ち葉の布団から顔を覗かせています。
resize14716.jpg

春先いち早く芽を出して葉を伸ばすニワトコも元気です。
resize14718.jpg

オオモミジの冬芽
resize14717.jpg

床の間にも生けてあったネコヤナギ、赤っぽい冬毛がなんとも不思議で・・・
調べてみるとピンクネコヤナギという種類だそうです。
resize14721.jpg


春が始まりつつある筑波山麓からのんびりと林道を登っていきます。
つづく。。。





コメント(0)