So-net無料ブログ作成

2017年4月下旬の市野谷の森 [立夏]

今黄金週間明けの今日、近くの病院にて内視鏡検査を行ってきました。

先月行った健康診断で血液から異常値が出て赤紙(再検査)を貰い、いやいやながら受診して参りました。
生涯初の胃カメラ、喉の麻酔は効いているものの、非常に苦しかった!胃の中に入った内視鏡が、まるでのたうち回っているヘビのようで何とも気持ち悪い。15分ほどの診察が1時間にも思えるほどでした。

結果は白。どこにも異常は見当たらず至って健康体であるとお墨付きを貰い、ほっとしております。
では最初の健康診断で出た異常値は何だったのでしょう?納得の行くものではありません。

とりあえず不安は払拭されいつもの生活へと戻っていきました。



4月下旬の市野谷の森の様子です。森の西の入り口近くのミズキは早くも花が咲き始めました。
resize15186.jpg

そしてクヌギの定点観測は2週間ほどで一気に新葉が増えました。
resize15203.jpg

葉の無い森に差し込む陽射しとはまた違う、新緑の明るい柔らかな陽射しです。
resize15202.jpg

ウラシマソウは例年になく多い気がします。
resize15205.jpg

ヘビイチゴ
resize15207.jpg

オニタビラコ
resize15208.jpg

開発で無くなってしまうかも不安でしたが、今年もセリバヒエンソウは無事群生して花を咲かせています。
resize15201.jpg

ムクノキの定点観測。こちらも一気に葉が出てきました。
resize15209.jpg

イヌシデの林は幹や枝の茶色から葉の緑色へと割合が変わってきました。
resize15210.jpg

森の中央にあるクヌギの定点観測
resize15187.jpg

ジュウニヒトエ
resize15188.jpg

ハナイカダの花
resize15190.jpg

ホウチャクソウ
resize15191.jpg
resize15192.jpg


樹木の責め際
resize15206.jpg


続きはまた明日。







コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。