So-net無料ブログ作成

船戸の鐙(あぶみ)を観に [立夏]

梅雨の走りにはまだ早過ぎますが、それを彷彿させるような昨日の空模様と気温。結局終日、陽は射さず。半袖で過ごすにはかなり無理のある寒い一日でした。

一昨年の夏に初めてお邪魔した我孫子市の手賀沼沿いにある”船戸の森”、それ以来この時期が来ると、ふと彼女は元気なのか不安に駆られ、会いに行ってしまいます。
resize15227.jpg


コナラやクヌギ、イヌシデ、シラカシ、ハリギリ等々の雑木林が残る船戸の森の林床に、今年も多くの彼女が緑の大きな葉を拡げて待っていました。
ムサシアブミというサトイモの仲間で、ウラシマソウやマムシグサと同じテンナンショウに属しています。
resize15231.jpg

6枚に見える葉は実は2枚というよりは2個で、3出複葉の3枚の小葉からなります。葉柄が二つ出ているので合計6枚の小葉になるのです。

横から見るとこうなります。
resize15232.jpg

地面から立ち上がる最初の葉柄の途中から二つ目の葉柄が出て分かれています。またその途中から花柄が伸びていくと言った形です。一つ一つの葉柄に各々先の尖った三枚の葉(小葉)をつけます。
二つ目の葉柄の途中から花柄が伸びて花をつけます。
resize15230.jpg

何ともおどろおどろしいシルエットですが、このカールした形状のものは花ではなく、仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれるもので、この形が鐙(あぶみ=馬の背から両側に吊り下げて、足先を差し込むようにして乗せる馬具)に似ていること、平安時代、この植物が発見された武蔵の国で、鐙が良いものであったことから武蔵鐙(ムサシアブミ)と呼ばれるようになったそうです。
 
この仏炎苞の中に付属体といわれる棒状の白いものがあり、その下部に花を咲かせています。
今回はどれも覗くことが出来ませんでした。
resize15229.jpg

見た目は少しグロテスクです。秋になると仏炎苞は枯れ落ちて、中から真っ赤なトウモロコシのような果実が現れます。この果実を食べてしまうと言った事故があります。シュウ酸カルシウムで有毒です。サトイモの仲間といって食べられると思ったら間違いです。全草有毒で気を付けなくてはいけない植物です。あくまで鑑賞に止めておくのがよろしいかと。
resize15233.jpg

その後森を散策してきました。
エゴノキが白い花を沢山つけて、回りをクマバチが蜜を求めて集まってきていました。
resize15228.jpg

ユリに似た芳香のスイカズラも咲いています。
resize15224.jpg

コバンソウの果実。形が小判に見えることから名がつきました。
resize15225.jpg
resize15226.jpg

我孫子の船戸の森もすっかり夏色に変わりました。陽射しが強くなるとこの森の木陰が心地好い。
彼女に今年も会えて満足の散策でした。





コメント(0) 

2017年4月下旬の市野谷の森 その2 [立夏]

明日は西から近づく低気圧の影響で大雨になるそうです。
黄金週間明けの今週は毎日バタバタしており、ブログの続きをあげることが出来ず今日になってしまいました。

4月下旬の市野谷の森の様子の続きです。

コナラ、イヌシデそしてクヌギの林も緑が濃くなり冬はうっすらと見えた森の向こうの駅周辺の建物も見えなくなりました。
resize15194.jpg

林床に生えるウグイスカグラには果実が出来始めていました。もう半月もしないうちに朱色の甘い果実となることでしょう。
resize15196.jpg

クヌギを根元から仰ぐと新緑が陽に当たるところでは消え入りそうな淡い緑色のグラデーションになっています。
resize15197.jpg

森の縁を歩いていつもの民家の庭にお邪魔しました。
ホタルカズラの花が増えていました。
resize15198.jpg
モモブトカミキリモドキが花の蜜を求めて寄ってきています。

resize15199.jpg

学校の脇のイヌシデの並木もすっかり葉が出揃い、夏の濃い緑色へと変身していました。
resize15200.jpg

1時間も森を歩いて再び西の入り口のクヌギの定点観測場所へと戻ってきました。陽が大分延びて、日差しはまだまだたっぷり森に注いでいます。
resize15204.jpg




コメント(2) 

2017年4月下旬の市野谷の森 [立夏]

今黄金週間明けの今日、近くの病院にて内視鏡検査を行ってきました。

先月行った健康診断で血液から異常値が出て赤紙(再検査)を貰い、いやいやながら受診して参りました。
生涯初の胃カメラ、喉の麻酔は効いているものの、非常に苦しかった!胃の中に入った内視鏡が、まるでのたうち回っているヘビのようで何とも気持ち悪い。15分ほどの診察が1時間にも思えるほどでした。

結果は白。どこにも異常は見当たらず至って健康体であるとお墨付きを貰い、ほっとしております。
では最初の健康診断で出た異常値は何だったのでしょう?納得の行くものではありません。

とりあえず不安は払拭されいつもの生活へと戻っていきました。



4月下旬の市野谷の森の様子です。森の西の入り口近くのミズキは早くも花が咲き始めました。
resize15186.jpg

そしてクヌギの定点観測は2週間ほどで一気に新葉が増えました。
resize15203.jpg

葉の無い森に差し込む陽射しとはまた違う、新緑の明るい柔らかな陽射しです。
resize15202.jpg

ウラシマソウは例年になく多い気がします。
resize15205.jpg

ヘビイチゴ
resize15207.jpg

オニタビラコ
resize15208.jpg

開発で無くなってしまうかも不安でしたが、今年もセリバヒエンソウは無事群生して花を咲かせています。
resize15201.jpg

ムクノキの定点観測。こちらも一気に葉が出てきました。
resize15209.jpg

イヌシデの林は幹や枝の茶色から葉の緑色へと割合が変わってきました。
resize15210.jpg

森の中央にあるクヌギの定点観測
resize15187.jpg

ジュウニヒトエ
resize15188.jpg

ハナイカダの花
resize15190.jpg

ホウチャクソウ
resize15191.jpg
resize15192.jpg


樹木の責め際
resize15206.jpg


続きはまた明日。







コメント(0) 

ナンジャモンジャの木 [立夏]

去年5月中旬に訪ねた柏の麗澤キャンパス、目的は天然記念物であるヒトツバタゴ(別名ナンジャモンジャの木)という珍しい樹木の花を観ることでした。

このヒトツバタゴは対馬と木曽川沿岸にだけしか自生していません。それが自宅からすぐの麗澤キャンパスで見ることの出来るのです。見ないに越したことありません。
予定では雲ひとつ無い五月晴れのもと、常緑の葉の上に雪が積もったかのような白い花が咲き乱れている姿。ところが訪ねたときには花期はとうに過ぎており、濃い緑の葉が生い茂るだけの姿でした。

あれから1年弱、今年こそは!と狙いをこの連休に合わせていました。

仕事を早めに切り上げて麗澤キャンパスへ。
幼稚園、中・高校、大学がある麗澤キャンパス、創立者の廣池千九郎の”道徳心を養うことのできる環境づくり”を基本理念として造られてきました。
ここにはおよそ300種の樹木があり、保護樹林、景観樹林、利用樹林に分かれていて、45haの敷地には1万5千本もの樹木があります。

まず最初に出迎えてくれるのがあちこちに植えてある林床のマンリョウです。
resize15173.jpg
’葉の下に咲く花や実のように慎ましく、謙虚になって欲しい’との願いを込めて創立者が植えられたもので、大学・高校・中学の校章にも使われているそうです。

春紅葉が色鮮やか。
resize15174.jpg

カイノキの新葉
resize15182.jpg
中国の孔子のお墓に植えられた樹木で、その孔林で採られた種子から日本に持ち込まれてきたこと、中国の合格祈願の木、孔子木とも言われます。

そしてお目当てのヒトツバタゴが現れてきました。連休とあって学生さんはいなく、近隣の方が木陰でくつろいでいました。
resize15165.jpg

少しずつ近づいていきます。
resize15176.jpg

FB_IMG_1494020699318.jpg

resize15168.jpg

resize15184.jpg

緑に囲まれた麗澤の森、芝生そして青空。ヒトツバタゴの白い花。3年ぶりの絶好のお花見日和となりました。


そのあともキャンパス内を散策。
ベニバナトチノキ
resize15166.jpg

マロニエは満開まではもう少しのようです。
resize15185.jpg

ホオノキからは甘い香りがしてきます。
resize15167.jpg

サトザクラの開山という種、まだ少しだけ咲いていました。今年は長い間桜を堪能することができました。
resize15169.jpg

珍しい斑入りのケヤキです。
resize15183.jpg

ウケザキオオヤマレンゲはオオヤマレンゲとホオノキの雑種ですが気品があります。バナナに似た甘い香りを漂わせていました。
resize15170.jpg
resize15171.jpg

そして総苞が白く、まるでハンカチに花が包まれたような姿のハンカチツリーです。木にたくさんのハンカチがぶら下がっていました。
resize15179.jpg
resize15181.jpg

ついつい上ばかり見て歩いていると林床の花を見落としがち。
キンラン
resize15172.jpg

ジュウニヒトエ
resize15178.jpg

今年も一株だけありました。タツナミソウです。
resize15180.jpg

丸一日いても飽きることの無い麗澤キャンパス、およそ300種にも及ぶ麗澤の森の樹木のうち、60種を記載したゾーニングマップが作られており、どこに何が植わっているのか一目瞭然です。さらに樹木の前には名前のついた看板とバーコードがあり、携帯でその植物の詳しい説明もわかる、植物にあまり詳しくない方でも非常に助かります。

念願叶ってヒトツバタゴも見れました。
秋の紅葉もまた良さそうです。その頃また訪ねてみようと思います。



コメント(0) 

夏が立つ [立夏]

今日はこどもの日。そして暦は二十四節気の”立夏”です。

今朝の空に浮かぶ雲は正に夏のそれ。日中は夏本番を思わせる強い日射しが降り注ぎ、気温も急上昇でした。ただ湿度が低くカラッとした一日でした。

resize15156.jpg

木陰に入ると爽やかな風が通りすぎていきます。梅雨前の心も身体も清々しい季節の到来です。


コメント(0) 

地蔵けやき [立夏]

仕事で久し振りに茨城の取手に行ってきました。
少し早めに現地入りしたので、打ち合わせ前に、小貝川の南側にある下高井の臨済宗普蔵山高源寺にお邪魔してきました。

山門手前にある両脇の桜は青々とした葉をつけて木陰をつくっています。その下に6体のお地蔵さんがお出迎え。
山門を潜ると左手に大きなケヤキが立っています。樹勢保護のため手を加えている様子から、かなりの古木であることが解ります。
resize13235.jpg


反対に回ると大きな空洞になっており、抜けるように円形の穴も空いているのが見て解ります。
resize13251.jpg
樹齢/伝承1600年
幹周り/10m
樹高/15m

昔、高源寺が火災にあった際にこのケヤキも類焼してできたといいます。
その後、この空洞に子育て地蔵が安置されるようになったそうです。
resize13242.jpg
resize13248.jpg

このケヤキの円形の穴を潜り、お地蔵さんに詣でれば、安産できるとする信仰があったといい、多くの方が遠方から来られたと云います。(現在は樹勢保護のため、潜ることはできません)
resize13236.jpg

保護のお陰でまだまだ元気な枝振りと葉のつき方です。いつまでも元気な姿でいてほしいものです。
resize13249.jpg

ここの高源寺には市町村が指定する樹木が沢山あり、ツバキやカヤを始め、幹周り5.5mの巨樹のスダジイもこの地蔵けやきに寄り添って生えています。
resize13250.jpg
ツバキ

resize13245.jpg
カヤ

resize13232.jpg
resize13233.jpg
resize13234.jpg
二本あるスダジイのうち1本は途中で伐採されてしまっています。理由は不詳。もう1本も支えがないと倒れてしまうほど斜めになっています。

このお寺の裏では開発が進み、工場、商業施設や新興の住宅が次々と出来て来ていました。
静かな小貝川沿いの高台に佇むお寺と共に生きてきたこの樹木たちには、時の流れと共に今の姿をどう写しているのでしょうか?
resize13247.jpg





コメント(0) 

森を彩る白い花 [立夏]

あまりの天気の良さに仕事の合間、流山の里山に出掛けてきました。
先日市野谷の森で咲き始めていたエゴノキの花を思い出して、八木地区の森の縁にあるエゴノキを訪ねました。
今年はとうとう花を見ず終いのウワミズザクラやミズキが生い茂る八木の森。森の縁には湧き水も出ており、水生植物や生物も観ることができます。

今年はじめてのシオカラトンボを観ました。
resize13229.jpg

久し振りに行くと予想通りエゴノキには沢山の白い花を咲かせていました。
resize13222.jpg
resize13228.jpg

青空に咲く白の花は目映いばかりです。
resize13220.jpg
resize13225.jpg

水に反射した陽の光が花を照らします。
resize13226.jpg

クマバチが世話しなくあちこちの花から吸蜜しています。
resize13227.jpg

五月晴れとエゴノキの花、この時期一番好きな光景です。



コメント(0) 

メイストームの前に [立夏]

此処のところ休みになると天気がスッキリしません。特にこの時期特有の嵐、メイストームに当たってしまいます。
この日も午前中はまだ日が射す良い天気でしたが、午後から急変、厚い雲に覆われ、怪しい黒い雲が西の方面に現れていました。

定例の市野谷の森へ雨降る前に入りました。
resize13191.jpg

resize13196.jpg
定点観測の西側の入り口のクヌギ

スイカズラの花が咲き始めています。ユリに似た甘い香りがします。
resize13195.jpg

モミジイチゴがオレンジの果実を枝にぶら下げています。地面ではヘビイチゴの果実。
セリバヒエンソウの紫、ヘビイチゴの赤そしてヤブタビラコの黄が緑に映えます。
resize13194.jpg
resize13193.jpg

一気に葉を展開し始めたムクノキ、空がほとんど見えなくなりました。
resize13183.jpg
この木の下に咲いていたタチツボスミレはまた来年まで休眠です。陽の光が差し込まなくなってきたこの場所には、とって変わってドクダミが生えてきました。

定点のイヌシデの林
resize13197.jpg

森中央のクヌギの定点観測
resize13198.jpg

先月末にあれほどあちこちに出ていたギンランは影を潜め、キンランも僅か。ジュウニヒトエは終わりを告げ、フタリシズカが花を咲かせていました。
resize13187.jpg
resize13186.jpg


こちらはコナラやイヌシデ、クヌギが混在する林
resize13199.jpg


東の入り口近くに生えるマユミは花を咲かせていました。
resize13200.jpg

シロダモの若葉
resize13185.jpg

エゴコキの花が咲いています。キスジホソマダラが吸蜜しています。
resize13184.jpg

地元の方がこの森のそばで、開発によって失われた土地に生えていた植物を、大切に育てている庭があります。たまに作業している所をお邪魔して立ち話をさせてもらっています。御歳81才、庭の手入れが唯一の楽しみだそうです。

マムシグサ
resize13189.jpg

シロバナタンポポ
resize13190.jpg

ホタルカズラ
resize13188.jpg

ハンショウヅル
resize13192.jpg

毎回この庭を観るのが楽しみで、市野谷の森に来るときは必ず寄らせて貰っています。

雨が降り始めました。もっと長居したかったのですが、今日はこの辺で帰路へ着くことにしました。







コメント(0) 

季節の移り変わり [立夏]

折角の午後からの休日、カメラ片手に出掛けようとしたら雨がポツリポツリ。
諦めて家に帰って引き籠ることに。

今年に入って新たな定点観測のクヌギの写真を整理していました。市野谷の森の西側の入り口にあるクヌギです。

1月上旬
resize13173.jpg

1月下旬
resize13174.jpg

2月上旬
resize13175.jpg

2月下旬
resize13176.jpg

3月上旬
resize13177.jpg

3月中旬
resize13178.jpg

3月下旬
resize13179.jpg

4月上旬
resize13180.jpg

4月中旬
resize13181.jpg

4月下旬
resize13182.jpg

春分辺りを境に一気に芽が吹き出して、新緑になっていく変遷が見てとれます。
引き続きこの場所で1年を通して観測していきます。




コメント(0) 

夏来る [立夏]

今日は二十四節気の”立夏”です。言葉通り夏が立つ頃を指します。
DSC_0039.JPG

日中は夏本番のような強い日射しで気温も高い日が多くなりますが、朝晩はグッと冷え込み寒暖の差が激しい時期でもあります。

田植えや種まきが本格的に訪れ、雉や蛙の鳴き声も聴こえてきます。

森の緑も濃くなる中、椎の木の淡いクリーム色の花が目立つようになってきました。





コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。