So-net無料ブログ作成

取手市東漸寺の大銀杏と楠 [大暑]

迷走を続ける台風5号から送り込む湿った暑い空気が、寝苦しい夜を助長させ少々寝不足気味です。

先日の茨城南部の巨樹巡りの続き。
つくばみらい市から牛久沼を回り込むようにして取手市に入ってきました。久し振りに下高井にある高源寺にお邪魔して地蔵ケヤキを観に行こうとしたのですが、葬儀の最中でさすがに失礼極まりなく、後日改めてお邪魔することにいたしました。

そこから車で20分ほど走ったところにある取手市本郷の天台宗興隆山東漸寺を伺いました。
resize15667.jpg

創建は天正2年(1574年)になります。その後、正徳年間(1711~16年)に火災に合い、年号が変わった1717年享保2年に本堂が再建されました。今はさらに新しい本堂になっています。

参道を歩いてまず目にするのが茅葺き屋根の仁王門。どこか懐かしい茅葺きの堂々とした造りです。これも近年復元されたものです。
resize15663.jpg

この仁王門を潜ると眼前にその奥が見えないほどの立派な大銀杏が立っています。
resize15668.jpg

樹高は20m、幹回りは6.2m、言い伝えでは樹齢600年と言われている立派なイチョウです。
resize15670.jpg
観音堂から仁王門を見た景色

このイチョウには「目隠し銀杏」と言われています。
仁王門の先に以前は馬頭観世音像が祀られた観音堂がありました。馬の安全祈願でお参りする者が多かったそうです。
馬を引いてお参りに来る者の中に、引かずに乗ったままお参りに来る輩がいたそうで、罰当たりなのか、観音堂の前で落馬して怪我するという伝えが広まったそうです。
そのため仁王門から乗馬してくる姿を観音様に見られないようにと、目隠しのためにこのイチョウの樹が植えられたそうです。(これはこれでどうなのかと思いますが・・・)
これが"目隠し銀杏"と名付けられた所以だそうです。

 
resize15669.jpg


大枝の付け根からは乳柱がいくつも垂れています。
resize15671.jpg


観音堂の左手奥には樹齢300年以上と言われるクスノキが立っています。
樹高は20m、幹回りは7mで茨城県では最大のクスノキだそうです。
resize15665.jpg

裏手に回ると根元には空洞が出来ています。
resize15673.jpg

resize15674.jpg
石仏がおかれていました。

このクスノキも樹勢はあり、まだまだ大きく成長していく気配です。
resize15664.jpg

梅雨の最中の訪問でしたが、静かに佇む雰囲気の東漸寺の樹木を観ていると蒸し暑さも忘れてしまうほどでした。
resize15666.jpg



コメント(0) 

葉月の市川大町の谷津田 その2 [大暑]

思わぬ花に出会えて気分高揚の中、長田谷津の遊歩道を進みます。
resize15649.jpg

アブラゼミやニイニイゼミ、ミンミンゼミに混じってツクツクボウシも鳴き始めています。
今回の目的のオニヤンマが空高く沢山飛んでいます。8

いつもの東屋に寄って天井を見上げます。今日も一匹だけいました。
クロメンガタスズメです。以前は個体数も多く、他の東屋でもいたのですがここ最近はこの東屋しか観ることがなくなりました。今年は個体数も少ないようです。
resize15638.jpg

先月紹介したハンゲショウ。その後どうなったのでしょうか?花の時期も終わりました。
resize15643.jpg
白い葉が薄いレモンイエローへと戻り始めています。花の時期に虫を寄せるために葉を白くさせて誘き寄せていましたが、花の時期も過ぎ元の緑へと戻ってきています。面白い生態であるとつくづく思います。

ヌスビトハギの花が咲き始めています。ハギと聞くと秋を想像してしまいます。前出のツクツクボウシもそうですが晩夏を代表するものだけに、これらを観ると、夏休みが終わろうとしているもの寂しさと、まだ終わらぬ宿題を必死になって仕上げたあの頃の夏を思い出してしまいます。
resize15642.jpg

ソクズの花が見頃になっています。ベニシジミが吸蜜にきています。
resize15645.jpg

ノブドウの花と果実
resize15633.jpg
resize15634.jpg

イヌザクラの果実
resize15630.jpg

シロダモの果実
resize15637.jpg

エゴノキの果実
resize15641.jpg

オニグルミの果実
resize15647.jpg

ハンノキの果実
resize15655.jpg

コブシの果実
resize15652.jpg

この時期は果実が一気に出来始めるころです。

カナヘビが日向に出てきました。
resize15632.jpg

待望のオニヤンマ。少し離れた所で産卵している姿も見ることが出来ました。
resize15644.jpg
背中の模様が鬼の形相に見えることから名付けられました。それにしてもこの色合いは素晴らしいの一言です。

アカボシゴマダラが人の回りを飛び回ります。温暖化にともない北上している外来生物であるこの蝶はここ数年で大分見かけるようになりました。
resize15654.jpg


そしてミソハギです。"禊萩""盆花"とも言われ、仏前にこの時期に供えられます。ちょうど見頃を迎えています。
お盆に餓鬼を供養するとき、なにも口に出来ない餓鬼の喉の渇きを抑えるためにミソハギが供えられるとか。
resize15635.jpg

resize15636.jpg

resize15646.jpg


コバノカモメヅルは見れませんでしたが、オニヤンマとミソハギは予定通り、アマチャヅルという新たな発見もあり良い訪問でした。次回は来月の始め。何が待っているのか楽しみです。それまでに頭の整理をしておかないと。
resize15656.jpg




コメント(0) 

葉月の市川大町の谷津田 [大暑]

八月に入ったにも関わらず、梅雨がまだ明け切っていないのではないかと思うような愚図ついた天気が続いています。

先日市川の梨街道を車で走っていると、通り沿いの農家ですでに梨の販売が始まっていました。
雨降る予報が出ていましたが、なんとか降る前にと、市川大町の長田谷津にお邪魔してきました。
resize15650.jpg

毎回訪ねる前にこの時期何が観れるのか、過去を思い起こしながら計画を立てます。
インターネットを頼ればすぐに答えは出てきますが、それでは感覚は鍛えられません。なのであえて頭の中で思い起こすのです。気温や湿度、匂い、色等々できる限り五感を研ぎ澄ませて計画を進めます。
ですので実際行ってみると時期的に早かったり遅かったりもして、見逃すことも多々ありますが、それも良しと思っています。勿論見事的中すると喜びはひとしおですが。
今回はオニヤンマとミソハギ、そして長年見ることのできていないコバノカモメヅルの観察が目的です。

早速車を止めて谷津田に下りていきます。入り口にはこの時期見られる動植物の写真の看板が立っています。参考にしながら進みます。

コナラにノコギリカミキリがとまっています。
resize15628.jpg

ナナフシモドキがトイレの外壁に。白い壁では簡単にそれと解ってしまうのは如何なものか?なぜここに迷い混んだのでしょう?
resize15639.jpg

今年は紅葉山は下草が刈り取られて、思うような林床の植物を見ることができません。今回出会えたのはアキノタムラソウと最後のヤマユリだけでした。
resize15658.jpg

resize15659.jpg

一部イロハモミジが早くも色づいていました。
resize15657.jpg

池の縁を歩いていても、今日は天気が崩れる予報からなのか人も疎ら。鳥を観に来る人たちもいません。

いつもの場所で。
resize15653.jpg

暫く歩いていくと前方から賑やかな声がしてきました。中学生の研修会でしょうか?長田谷津について指導員なのか先生なのかがレクチャーしていました。
その脇を通りすぎようとした時、柵に一匹の蛾が止まっていました。柵の色に近く、危うく見過ごすところでした。
モモスズメでしょうか?体長も大きい綺麗な個体でした。
resize15660.jpg
resize15661.jpg

ヘクソカズラが咲き始めています。
resize15662.jpg

カマキリの幼生たち
resize15629.jpg
resize15640.jpg

半湿地に生えるコバノカモメヅル、遊歩道を左右に観ながら歩いていますが見当たりません。時期的にまだ早いのでしょうか?ツル植物なので検討はつけて観てはいますが全く。カナムグラとノブドウのツルが殆どです。
そんな中、今回初めてお目に掛かる小さな花を見つけました。コバノカモメヅルに似たツル植物のアマチャヅルでした。
昔流行ったアマチャヅル健康茶のアレです。
多種類のサポニンが含まれることから鎮静効果があり、ストレス抑制に良いとされています。動脈硬化やガン予防、肩凝り解消、神経痛やリウマチ改善とたくさんの効能があります。

葉を観たことはあっても花は初めて。コバノカモメヅルの花にとても良く似ています。僅か5、6mmほどの花なので近づいて観ないと解らないかもしれません。
resize15631.jpg

resize15651.jpg



次回に続く。





コメント(0) 

小貝川の沈下橋と大ケヤキ [大暑]

つくばみらい市を流れる小貝川。下小目村と平沼村を結ぶ ために作られた木製の橋があります。
resize15623.jpg

"小目沼橋"という沈下橋です。幅は1.5m、長さは60mほどで欄干はありません。昭和31年に作られたものです。橋脚や梁まですべて木製で作られ、日本でも木製のこの長さの沈下橋は他に見られないほどだそうです。

沈下橋は字を読んで如く、川の増水時に橋が水面に沈下してしまいます。欄干によって川の氾濫が起きてしまうことを想定して、排除されているのです。
下小目から平沼を見る
resize15625.jpg

平沼から下小目を見る
resize15626.jpg

小貝川は昔から氾濫を起こす川としても有名です。
そういった環境下で、川の流域に住む人々が行き交うための架け橋だけではなく、自然のなかで暮らす人々の川との付き合いの表れがこの橋に垣間見ることができます。
resize15618.jpg

ハグロトンボがわらわらと飛び交っていました。
resize15624.jpg


平沼から下小目に向かう小目沼橋の上で左前方に、こんもりとした森に一際大きな樹が一本立っているのがわかります。
resize15619.jpg

土手を上って近づいて見るとさらにわかります。
resize15620.jpg

下小目村の八坂神社。
resize15622.jpg

ちょうどこの日はお祭りの準備に追われ、村の方々が大勢集まっていた中で写真を撮らせていただきました。
参道の左奥にその大きな樹があります。ケヤキで樹高は25m、幹回りは5.3m、枝葉の勢いも良くまだまだ大きくなりそうな気配です。
resize15617.jpg

resize15621.jpg

注連縄こそしてはいませんでしたが、充分御神木に匹敵するだけの風格が醸し出されていました。
今回はあまりご迷惑にならぬよう、引き上げましたが改めてもう一度訪ねてみたいと思います。



コメント(0) 

つくばみらい市板橋不動尊のケヤキ [大暑]

牛久市の得月院を後にして車を走らせること30分、つくばみらい市の板橋にある板橋不動尊を訪ねました。
resize15612.jpg

学生時代、よく筑波山へサイクリングに出掛けた際にこの前の道を通っていたので、御不動さんがあるのは知っていたのですが、それから何十年が経ち、まさかここを訪ねるとは夢にも思っていませんでした。
正式な名称は清安山願成寺不動院。
文禄年間 (1592~1596)に不動堂が建立。その後元禄年間(1688~1704)楼門、安永元年(1772)には三重塔が建ちました。どれも茨城県の文化財に指定されています。

本堂手前左右に構える犬。
resize15613.jpg
神社の狛犬なら解らないでもないのですが、板橋不動尊は立派な寺院。何故ゆえに?
この板橋不動尊は安産祈願のお寺としても有名。犬のお産は軽いことからなのか?水戸徳川家とも関わりがあることから'お犬様'なのか?色々な犬との関わり合いがありそうな御不動さんです。

休題閑話

少し離れた専用駐車場に車を止めた時から、すでにその存在感を表す程の巨樹が目に飛び込んできました。
resize15607.jpg

境内の外周には多くの樹木が植えられていますが、その中でも一際樹高のある立派なケヤキです。
resize15609.jpg

剪定されていますが樹高は15m、幹回りは5.9m。しっかりとした根廻り、カメラに納めることのできないほど拡げた枝葉で樹勢はかなり良さそうです。
resize15610.jpg

resize15611.jpg

全容が捉えられないのが心残りです。境内側から撮ってもいまいち!
resize15615.jpg

この他にも境内には3mの幹回りを越える巨樹があります。
resize15614.jpg
カヤ


resize15608.jpg
境内裏のケヤキ


板橋不動尊から次なる場所へと向かいます。




 
コメント(0) 

牛久市得月院のカヤ [大暑]

この数日、梅雨の戻りでしょうか?愚図ついた天気が続いています。
日中の高温多湿でクタクタになりますが、夕方からは幾なりとも風が吹くので、窓を開ければ心地好く、自然の風で眠れるのが嬉しいです。

巨樹巡りを続けてきて、行くだけ行って整理が追いつかず漸く時間を作りました。
先月行った茨城南部の巨樹たちです。今回は牛久市城中町にある得月院のカヤの巨樹です。

この得月院はあの「河童」で有名な近代画壇小川芋銭(1868~1938)の墓があることで有名なお寺です。
resize15599.jpg

本堂脇に立つカヤの巨樹は樹高が20m、幹回りが5m、樹齢は案内板によると450~500年と推定されています。
resize15604.jpg


大正8年日本美術院の展覧会に小川芋銭はこのカヤをモチーフに「樹下石人談」を出品しました。
IMG_20170724_210620.JPG

葉や樹皮、そして根廻りの特徴がよく捉えているのがわかります。
resize15605.jpg

resize15601.jpg

約100年前に描かれたこの絵画、本数や樹高、幹回りこそ違いますが、まさに自分が小川芋銭とこの同じ場所で同じ風景を見ているのが不思議でたまりません。何をどう思い描いたのでしょうか?
resize15600.jpg


現実の時間を超越して、小川芋銭の生きた時代に移動した気分をこのカヤの木の下で少し感じることができました。
resize15606.jpg





コメント(0) 

夏盛る [大暑]

今日は二十四節気の"大暑"になります。
一年でもっとも暑くなる頃です。

resize10694.jpg

今朝は曇り空で風が吹いていて、ここ数日の中では一番過ごしやすい朝を迎えています。
日中は再び猛暑になるのでしょうか?
夏バテしないようしっかり食事と水分、そして睡眠を摂らないとダメですね。
"う"のつく食べ物を食べないと!



コメント(0) 

7月下旬の市野谷の森 [大暑]

暑い日が続いています。柏ではツクツクボウシも鳴き始めています。今晩は手賀沼の花火大会が行われます。人混みを縫って帰らなくてはいけなく憂鬱です。


遅くなりましたがいつもの流山の市野谷の森のレポートです。
今回は7月下旬の様子です。

いつもと同じ順番で廻っていきます。この日は15時少し前で快晴、南の風がやや吹いていました。
ヒグラシの大合唱と共にツクツクボウシの鳴き声も聞こえてきます。ウグイスとヒヨドリの鳴き声が聞こえました。オオタカはいません。

西の入り口のクヌギの定点観測
resize13742.jpg

カラスウリの蕾。
resize13740.jpg

ミズヒキ
resize13738.jpg

ヌスビトハギ
resize13739.jpg

ヒヨドリバナ
resize13728.jpg

定点のムクノキ
resize13717.jpg

コナラにノコギリクワガタのメスがいました。
resize13719.jpg

森の奥へと向かい、イヌシデの林へ。ヒグラシの鳴き声が煩いほど。
resize13718.jpg

あちこちの木に止まっています。歩く度に目の前や耳元を通過して飛んでいきます。
resize13720.jpg

そして森の中央のクヌギの定点観測
resize13721.jpg

今日はオスのカブトムシがいました。
resize13724.jpg

ガンクビソウ
resize13722.jpg

オトコエシの花が咲き始めています。
resize13723.jpg


続きはまた明日。




コメント(0) 

美しく妖しい唐朱瓜の華 [大暑]

久々早朝の仕事が休みとなり、朝寝坊することが出来ました。昨日未明の地震と雷雨で寝不足だっただけに爆睡でした。
その代わりに夜、車で近くの里山に出掛けてきました。

目的はカラスウリ(唐朱瓜)の花。
resize13713.jpg

日が暮れて辺りが薄暗くなる頃咲き始めます。初めて観た時、あまりの美しさに感動を覚えました。
カラスウリの蔓で張り巡らせた藪の側面、暗闇の中浮かび上がった沢山の白いレース状の花。
それは美しく、しかも妖しくもあります。花と言うよりは"華"が相応しいくらいです。

resize13714.jpg
雌花


resize13716.jpg
雄花


蕾の時きちんと収納された花弁ですが夕暮れ過ぎると、短時間で一気に絡まること無く、一本一本の糸状のものが展開していきます。
夜中に咲き続け、子孫を残すため、蜜を吸いに来るスズメガの受粉を待ち続けます。
翌朝、花は萎れてします。たった一夜だけの艶やかな晴れ姿です。

resize13715.jpg



朱色に染まった果実が晩秋の森を彩ることでしょう。





コメント(0) 

葉落ちる月 [大暑]

旧暦では秋を指す8月。"葉月"は葉が落ちる月を意味しています。
実際は夏真っ盛り。今日は夏の風物詩の入道雲があちらこちらに観ることが出来ました。
今日から8月です。


側溝に咲いていた花を根こそぎ拾ってきて4年。その後自宅の庭に移植して、今年も無事、午後三時頃になるとピンクの小さな花が開花しています。

ハゼラン、別名三時花とも言われています。今、話題の映画「植物図鑑」でも有名になってしまいましたが、"ゴゴサンジ"です。
resize13711.jpg


当時、この"植物図鑑"を紹介して、その時にこの'ゴゴサンジ'を見せたかった方がいました。
訳あって今、その方とは会えずにいます。
どうしてもお見せしたかったことを、この花が咲く度後悔しています。
何処かでこの花を見ていてくれていることを願っています。





コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。