So-net無料ブログ作成

7月も終わり [大暑]

梅雨も明け、夏本番を迎え、あちこちで夏祭りや花火大会が開かれています。
ここぞとばかりに夜の里山へ繰り出してみました。
この夏休みに入ると、夜な夜な小学生を連れた親が虫取りで里山に入ってくるのです。こういった夏祭りや花火大会が行われるときは決まって来ないので良いチャンスなのです。


去年はクヌギの樹液酒場で、多くのカブトムシやらクワガタムシを観てきましたが、目当ての昆虫は観ず終いでした。大型の美しい昆虫です。

久し振りに酒場に行ってみるともうカブトムシが特等席を独り占め!
その回りを蛾がおこぼれを戴いています。その中に2年ぶりとなるお目当ての彼女に出会うことが出来ました。
resize13708.jpg
ムクゲコノハです。ようやくお会いすることが出来ました。いつ見ても"美しい"の一言です。


7月最後の日、仕事に行く前に立ち寄った流山の熊野神社。地元の方が境内を掃除していました。
神社を囲む杜を見上げて。良い天気です。
resize13709.jpg


"盆花"のミソハギが咲いていました。あっという間にお盆の時期がやって来ます。今年も休まず仕事になりそうです。
resize13710.jpg




コメント(0) 

香取の府馬の大クス [大暑]

先日香取市の府馬という、水田を見下ろす台地に立つ巨樹を観に行ってきました。
resize13700.jpg

国の天然記念物にも指定されている”府馬の大クス”です。
実はこの’大クス’は曰く付きで、当時大正15年に天然記念物に指定された時、クスノキであると登録しました。
しかし改めて昭和44年の調査で実はこの樹木はクスノキではなく、タブノキであることが判明したのです。指定当時イヌグス(タブノキの別名)と呼ばれていたので間違えたのでしょうか?

樹皮も葉の形も全く違うのをどこでどう間違えるのか、首をかしげたくなります。
しかも今現在未だにタブノキと訂正せずに、”府馬の大クス”で登録されているところも、また国のお堅い考えで滑稽でもあります。一度登録されたものは頑として変えないのでしょう。


台地の上にある宇賀神社を取り巻くようにタブノキが覆っています。
resize13693.jpg

そのうちの一本が樹齢1300~1500年とも言われ、樹高は13m、幹周りは8.6mの”府馬の大クス”と呼ばれるタブノキの巨樹です。
resize13701.jpg

resize13702.jpg

resize13703.jpg

この”大クス”から北に7m程離れたところにもう1本のタブノキがあります。
resize13694.jpg

実は元々この”大クス”と繋がっていました。大クスの枝が地面に垂れて根を張り成長したものだそうです。枝は明治末期に枯れてしまい、その”子クス”は独立して今は育っています。
その頃の様子を描いた「宮負定雄 下総名勝図絵」川名登編より転載。
IMG_20160728_214612.JPG


子クスから大クスを望む
resize13704.jpg


すぐ脇に公園があり展望台が建っています。強い日射しを受けながら最上階まで登ると心地好い風が吹いてきました。
南側に宇賀神社を覆うタブノキの杜
resize13705.jpg


北東には「麻績千丈ケ谷」といわれる谷津田が望めます。この辺りの水田は太古は海でした。
resize13706.jpg


平成25年10月16日、台風26号によって大きく伸びた主幹から伸びた太い枝が倒壊して、その弾みで主幹の一部が剥離してしまう被害に合いました。なんとか治療を施しましたが、昔のような姿には戻りません。今も地元の方の懸命な保存により生長し続けています。
resize13695.jpg

resize13699.jpg


この杜を守る”府馬の大クス”と言われ続けるタブノキ、子を育て台風の被害にもめげず、他にも数々の出来事に遭遇してきたことでしょう。
1000年以上も生き続けるその姿に生命力を強く感じました。
resize13707.jpg




コメント(0) 

キツネノカミソリとクサギ [大暑]

昨日の続きの流山の市野谷の森です。

薄暗い森を歩いていて目に引くオレンジ色の花を見つけました。”狐火”とは正しくこう言うことを指すのでしょうか?
点々と咲くキツネノカミソリの花。その向こうには群生しているところも。
resize13675.jpg
resize13677.jpg


ヒガンバナの仲間ですが、陽の射す明るい畦道に咲くヒガンバナとは対照的に、森の奥の薄暗い所で咲くキツネノカミソリの姿は、物悲しさの中に少し艶かしさが漂います。

キツネノカミソリと同じ場所に咲いていた花たち。
メヤブマオの花序
resize13678.jpg

アキノタムラソウ
resize13676.jpg


森を東に抜けると、ユリに似た香りが漂ってきます。前回蕾だったクサギが開花していました。
resize13679.jpg

葉を千切ったり、揉んだりすると独特な臭いがするので”臭い木”でクサギと呼ばれていますが、花の香りは葉からは連想できないほど芳醇さが漂います。
resize13680.jpg

この花の香りが漂うと夏本番を迎えたことを実感します。

南側の森の縁を歩いて民家の庭に。
葉の生い茂ったムクロジ、枝先には沢山の球形の果実ができていました。
resize13682.jpg

その下ではノジトラノオも花は終わり、果実をつけ始めています。とって代わってヒヨドリバナが咲き始めています。
resize13683.jpg

森を抜けた後の涼しい風が心地好かった前回でしたが、今回は森の中の方が幾分涼しく感じられました。
もう間もなく遅い梅雨明けです。森の中が断然涼しく感じられる季節が到来します。
resize13684.jpg





コメント(0) 

7月中旬の市野谷の森 [大暑]

今だ関東は梅雨明けしておらず、夏の本格的な暑さが到来していません。その分寝苦しい夜から解放されているので助かりますが。
どうやら今週木曜日辺りに梅雨明けがありそうです。遅い本格的な夏の到来です。


少し遅くなりましたが、定例の市野谷の森。7月中旬の風景です。
resize13685.jpg

曇り空で時おり薄日が射す午後2時、湿度はやや高めでしょうか。
ニイニイゼミとミンミンゼミが鳴き、それに混じってウグイスが鳴いています。オオタカはいなそうです。


西の入り口のクヌギの定点観測
resize13687.jpg

ヤブミョウガの花も終わりに近づいています。
resize13686.jpg

ヨウシュヤマゴボウ
resize13670.jpg

ナツアカネとヒヨドリバナ
resize13688.jpg

定点のムクノキ
resize13681.jpg

イヌシデの林の定点観測
resize13690.jpg
森深く日射しの届かないこの場所ではニイニイゼミに混じってヒグラシが鳴いています。

ヤブラン
resize13672.jpg

森の中央のクヌギの定点観測
resize13691.jpg

前回はオスのカブトムシがいましたが、今回はメスでした。
resize13692.jpg


イヌシデ、クヌギとコナラの混在する林
resize13673.jpg


クヌギの木の根元に20cmほどのヤマナメクジがいました。
resize13674.jpg

明日この続きをお伝えします。






コメント(0) 

お地蔵さんと夏の木 [大暑]

京成佐倉駅から北に500mほど行った高台に一本の”夏の木”エノキが立っています。
resize13669.jpg

近くには道祖神があり、江戸時代のこの道の守護神として祭られていました。
resize13664.jpg

時同じくしてこの木が植えられたのでしょう。樹高は10mほど、幹周りは4m弱でこれといった巨樹ではありませんが、樹齢は250年程になる古木です。
今では佐倉市の保存樹として選定されています。

一見閑静な住宅街にあるこのエノキですが、枝葉を広げて立派な木陰を作っていました。
resize13665.jpg

resize13663.jpg

その幹の下に道路とは反対側を向いてお地蔵さんや庚申塔等が並んでいます。
resize13667.jpg

向かって一番左にあるお地蔵さん、横に拡がる幹を避け、首をもたげています。
まるでお辞儀をしているかのようです。
お地蔵さんにとって暑い日の日除けに、雨の日の雨宿りになっているようです。
resize13668.jpg


いつまでも残っていて欲しい、和やかな風景に出会えた気分です。
resize13661.jpg



この日もエノキの回りをタマムシが飛んでいました。
resize13660.jpg




コメント(0) 

暑中お見舞い申し上げます [大暑]

今日は二十四節気の”大暑”。

resize13659.jpg

今朝6時の気温は20度ちょうど。今日は天気がスッキリせず降ったり止んだりと梅雨そのもの。最高気温も25度届くかどうかだそうです。

よく考えてみればまだ関東は梅雨明けしていませんでした。

梅雨明け10日が大暑にあたると言われますが、どうやら今年はまだ先のようです。

強い日射しの太陽が待ち遠しいです。

”暑中お見舞い”があまり合わないそんな今年の大暑でした。









コメント(0) 

夜行人 [大暑]

最近決まって仕事帰りに立ち寄る場所があります。多い時は週4日も。

けして飲み屋ではないですが、ある意味では飲み屋であり、出会いの社交場でもあるかもしれません。

しかし、近年駅前開発により取り壊され、立ち寄る場所が少なくなってきました。


ここは流山の里山。
resize10689.jpg

5月のゴールデンウィーク頃から、クヌギを中心としたシラカシやコナラの幹から樹液が出始めており、その樹液を求めて多くの昆虫が集まってきています。

5月前半はコクワガタやヨツボシケシキスイが中心でしたが、後半からノコギリクワガタが登場しはじめました。
6月に入りシタバガやベニスズメの仲間も加わりました。そして昆虫の王様カブトムシ。クワカミキリやヤマトゴキブリもいて樹液酒場は大賑わいです。
7月は日中しか来ないオオスズメバチが夜8時を回っても居座っており、近づけない雰囲気を醸し出していました。
8月に入りスズメバチは夜は顔を出さなくなりました。平穏な夜の樹液酒場に戻っています。

カブトムシのオスとメスを中心にノコギリクワガタ、ヨツボシケシキスイ、オオナガコメツキがまず一軒目のクヌギの木に。(上の写真)


そのお隣のクヌギにはカブトムシのメスとシタバガの仲間、ヨツボシケシキスイ、カキバトモエが呑みに来ています。
resize10698.jpg

トモエガの仲間でもこの蛾はあの目玉のような模様が入っていません。裏側をお見せできないのが残念です、熟した柿のようなオレンジ色をしています。
resize10700.jpg


飲み屋をはしごして最後のお店。並びに建っています。こちらはシラカシ。
最近樹液が出たばかりで、カブトムシがアベックで2組。盛況のようです。
resize10699.jpg


去年見たムクゲコノハ、今年はまだお見えになっていないようで残念です。あの妖艶なお姿を再び拝みたいものです。
resize8299.jpg
(昨年撮影したものです)

そのために樹液酒場に足繁く通うのです。 早く会たぁ~い!

nice!(0)  コメント(0) 

里山を吹き抜ける風 [大暑]

猛暑日が今日も出ると一週間連続だそうです。
一向に涼しくならない今年の夏は秋以降に影響が出そうな気配。雨が降らず、しかもこの高温で野菜が高騰するのではないでしょうか?

仕事が少し早めに終わり、涼を求めに森を歩いてきました。
resize10678.jpg

いつもの房総のむらです。
先月来たときにはヤマユリがあちこちに咲き、森全体がいい香りで包まれていました。
その時期も終わり、これといって目立った花は無さそうです。下草が刈られ見るものがなく、森の奥へと入っていきました。

さすがに3、4度は違うでしょうか?木陰は涼しく感じます。
刈られずにすんでいる場所にアキノタムラソウが青紫の可憐な花を咲かせています。
resize10675.jpg

ヤマハギは咲き始めたばかりです。
resize10674.jpg


旧学習院初等科正堂
resize10670.jpg

その脇の斜面林ではキツネノカミソリが咲いています。
resize10679.jpg

斜面を下りていくと池があり、ミソハギが咲いています。
resize10687.jpg
コウホネもまだ観ることができます。
resize10681.jpg

コウホネの葉で休んでいるニホンアマガエル
resize10680.jpg

池の回りには沢山のトンボ。中でも一際鮮やかな飛行をするチョウトンボがいました。残念ながらカメラに納めることはできませんでした。
resize10672.jpg

resize10682.jpg
resize10671.jpg
ノシメトンボとヒヨドリバナ

resize10683.jpg
沢山の分かれたシラカシ。

再び斜面を上り、ヤブランの花やタウコギのつぼみに出会えました。
resize10685.jpgresize10684.jpg

日当たりの良い丘ですっかり時期は過ぎてしまったと思われていたヤマユリが咲いていて、嬉しくなりました。
resize10676.jpg

印旛沼の方から吹き付ける風は緑の里山を駆け上がり"涼"を運んできてくれます。
暑さで火照った身体をこの風が冷やしてくれるのです。その清々しさはエアコンといった現代機械では到底真似のできない天然のものです。
眺めを楽しみながら涼しむ最高の自然の贈り物でした。
resize10688.jpg





nice!(0)  コメント(0) 

狐の剃刀を観に その2 [大暑]

流山の市野谷の森は平日の昼間だけにひっそりしています。
たまに鳴くウグイスと蝉の合唱だけが森に響き渡ります。
resize10664.jpg

森の入り口に咲くユリに似た香りのするクサギの花が満開を迎えています。
resize10669.jpg

薄暗い森の中、林床ではガンクビソウの蕾が大きくなっています。
resize10663.jpg

比較的明るい林床ではニガクサが花を咲かせています。
resize10666.jpgresize10667.jpg

そして目的のキツネノカミソリ。森のあちこちに咲いている訳でなく、一部に固まって咲いています。
濃い緑一色の森に一際目立つオレンジ色の花です。
resize10651.jpg

何故キツネノカミソリなのか?
冬に出る葉が剃刀に似ていることから"カミソリ"は分かるのですが、何故"キツネ"なのでしょう。
キツネが棲息する場所に生えていたのか、はたまた、花の色がキツネ色だからなのか・・・
突然出てくる花茎と鮮やかな花、そして突然出て、消える葉が、まるで化けたキツネのようだからなのか・・・
実際のところよくわからないそうですが、個人的には最後のものが一番当てはまっているような気がします。

で、葉はこんな感じです。冬に撮影したものです。
IMG_20150804_180945.JPG
特に剃刀に似ているわけでもありませんが。

どうであれ森にひっそりと咲く鮮やかな花に突然出会うとハッとさせられます。これもキツネの魔力なのかもしれません。
resize10654.jpg

resize10656.jpg

resize10653.jpg


この森でも一位二位を争うほどの巨樹のクヌギ。雑木林の代表的存在の樹木のひとつです。
葉の色が鮮やかでした。学校との境にあるこの木は何とか開発による伐採を免れた一本でした。
resize10652.jpg







nice!(0)  コメント(0) 

狐の剃刀を観に [大暑]

落ちて介したお盆の頃に咲く花でミソハギを紹介しました。

お彼岸に咲く花で有名なのが、名の通り彼岸花(ヒガンバナ)。誰もが一度は目にしたことや聞いたことはあると思います。
秋に花を咲かせ、終わったあとの晩秋葉を出します。つまり花の時期には葉がないのです。
回りの他の植物の葉が生い茂ると自分のは枯れてしまい、その後花茎を形成して花を咲かせるという変わった植物なのです。

同じ仲間に、このお盆の時期に花を咲かせるものがいます。
キツネノカミソリです。栽培以外野生のものはなく野生絶滅種になってしまっています。
resize10655.jpg

何年か前から流山の里山で見かけるようになって久々に訪ねてきました。
今回も南流山を起点に市野谷の森まで歩いてきます。

熊野神社には沢山のナツアカネが飛んでいました。
resize10659.jpg

境内にお参りに来た(?)近所の猫。
resize10658.jpg

この辺りのスダジイはどれも立派な巨樹です。歴史を重みを感じさせる荘厳な姿です。
resize10650.jpg
resize10657.jpg


熊野神社の谷を隔てた向かいの丘の森の風景。この森にはよくオオタカが飛来してきます。
resize10660.jpg

森の脇の民家の軒先で秋の七草であるオミナエシが咲いていました。
resize10661.jpg
resize10662.jpg



秋の代表のツクツクボウシが鳴き、赤トンボが飛び、オミナエシが咲き始め、田んぼでは稲穂がでています。まだまだ夏真っ盛りでも、少しずつではありますが、季節は移り変わろうとしています。

明日はいよいよ森の緑に際立つオレンジ色の花を紹介します。






nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。