So-net無料ブログ作成

シュンラン咲く里山 [啓蟄]

先週、千葉の北西部にある里山に久しぶり出掛けてきました。
以前はどこの里山にも見かけた植物でしたが、盗掘が相次ぎ数を減らしてきています。今回はあえて場所を伏せて戴きます。

以前とは違い春の力強い日差しになったこの日の森は朝からオオタカやコジュケイ、シジュウカラそしてウグイス等々のさえずりが聴こえてきます。
resize14807.jpg

散策できる道沿いにはウグイスカグラが濃い桃色の花をつけ始めています。
resize14818.jpg

ニワトコの葉と蕾
resize14808.jpg

マユミの葉
resize14815.jpg

モミジイチゴの花の蕾
resize14813.jpg

ミズキの葉の蕾
resize14812.jpg

この森は今芽吹きの時期、一年でもっともエネルギーを出している時です。
resize14814.jpg


ムクノキの根元に今年も春の訪れを告げるシュンランが花をつけていました。
resize14816.jpg


辺りを見渡すとあちこちに見つかりました。今年も無事に咲いていることを確認できました。
resize14817.jpg

resize14806.jpg


そしてこのシュンランが終わるとキンラン、ギンラン、ジュウニヒトエ、ヒトリシズカそして色々なスミレが森を彩らせてくれます。フィールドに出掛ける機会も徐々に増えていくことでしょう。
resize14819.jpg




コメント(0) 

2017年2月下旬の市野谷の森 [啓蟄]

日増に暖かくなり、春を待ちわびた沢山の鳥たちのさえずりが自宅の裏の森から聴こえるようになりました。

震災から6年が経ち、あの日を境に色々なものが変わっていきました。街並みや森、そして身の回りの事、そして私自身。生活も一変して再び長年住んだ柏に戻って来ました。
あの震災がなかったらとふと考えることがあります。しかし時は止まることなく、明けない夜はなく、太陽はまた昇ります。少しずつでも前を向いて行こうと思えるようになりました。

震災から1カ月後の唯一の流山熊野神社の写真。
resize14804.jpg


震災の時に起きた原発事故、流山はホットスポットとして高い線量のもと除染活動が進められてきました。一方、行政は子育てママを応援、 “母になるなら、流山市。”というスローガンを掲げてました。沿線開発と共に住宅が立ち並ぶようになり他県からの移住者も急増しています。
しかし未だに線量が高いところもあり、その危険度は拭えないでいるのが現状です。


震災以前から観てきた市野谷の森、日々の移り変わり、四季の移り変わりは毎年変わっていないように見えますが、実際のところはいかがなものでしょうか?長い目で観ていかないとこの原発事故との絡みは見えてこないような気がします。


2回連続になってしまいましたが市野谷の森の様子です。
西の入り口そばにあるスギはいよいよ花粉を飛ばし始めました。揺すってみることでよくわかります。
resize14781.jpg

クヌギの定点観測
前回に比べて枝の先端が膨らみ始めているのが観てとれます。
resize14792.jpg

ニワトコの葉が拡がり始め、カリフラワーのような花の蕾も現れてきました。
resize14797.jpg
resize14798.jpg

シロダモの冬芽
resize14799.jpg

ムクノキの定点
resize14800.jpg

池に行くとヤマアカガエルの卵が産み落とされていました。
resize14801.jpg

イヌシデの林
resize14802.jpg

ムクノキ、コナラそしてクヌギより早くに芽を出したのはイヌシデです。一気に膨らみ始めています。
resize14791.jpg

森の中央のクヌギの定点観測
resize14782.jpg

イヌシデ、コナラそしてクヌギの混在する林
resize14784.jpg

ウグイスカグラの芽吹きと蕾
resize14785.jpg
resize14783.jpg

森を抜けて縁を歩きます。ヒサカキの開花はもう少しまで来ています。蕾の色が赤紫からクリームイエローに変わってきました。
resize14789.jpg

ゴンズイの冬芽
resize14786.jpg

アカメガシワの冬芽
resize14787.jpg

ミズキの冬芽
resize14788.jpg

色々な木々の冬芽も春一番が吹いてから大分成長し始めて来ています。安定した天気が続き、日も延びてきて成長を促しているのでしょう。三寒四温、一雨毎に暖かな日が増えてくることでしょう。
resize14803.jpg


この日は空高くオオタカが飛んでいました。この春ここで子育ては行われるのでしょうか?






コメント(0) 

2017年2月上旬の市野谷の森 [啓蟄]

以前、毎週のように行っていた所にクリ畑がありました。むせるような花の時期も、セミの羽化が観れた時期も、雪の積もる時期もよく行っていた場所でした。
その数年後全て伐採されて、そこには立派な住宅が立ち並び、影も形もなくなってしまいました。
またその近くに人の住まない民家があり、その庭には一本の大きな木が生い茂っていました。
最近久し振りに通るとその家は取り壊されて更地になっていて、あの木も伐採されていました。
当時は特に気にもしていなかった木の種類も、興味を持ちはじめてあれはエノキだったことを思い起こしています。
ほんの10年ちょっとでクリやエノキは姿を消して、自分の心の中だけのものとなってしまいました。何かぽっかりと穴が開いたような気持ちで当時の事を懐かしみます。


市野谷の森周辺も開発はまだまだ進みます。森の東側の入り口にはマンションが完成しました。
IMG_20170307_062116.JPG
数年前まで未舗装の細い道が整備されたと思ったら今度はマンション建設。車の往来も増え、おまけにビル風も発生してしまい、生態系が脅かされています。

2月上旬の市野谷の森の様子です。
風が強く宅地化で進んだ造成地から土埃が辺りを茶色くするほど舞っています。
晴れてはいますが雲の流れが早く、晴れたり曇ったりの繰り返し。気温はこの時期にしては高めでも体感的にはやはり冬そのものでした。

西の入り口のクヌギの定点観測
左脇に生えるイヌシデの冬芽が膨らみはじめてきました。
resize14759.jpg

ニワトコは大分葉が出てきました。
resize14777.jpg

ムクノキの定点。こちらは肉眼では全く蕾の大きさも観察できません。
resize14762.jpg

風の強さは葉を裏返すほど。
シロダモは葉の裏が白いのですぐにわかります。
resize14760.jpg

こちらはシラカシ。同じように葉の裏は白っぽい。
resize14761.jpg


スギの立ち枯れの池に。立春を過ぎて大分日差しに強さが戻ってきました。
resize14763.jpg

イヌシデの林
resize14764.jpg

森の中央にあるクヌギの定点観測
resize14765.jpg

マユミの冬芽
resize14766.jpg

イヌシデ、コナラ、クヌギの混在する林
resize14768.jpg

ウグイスカグラに葉が出始めています。
resize14769.jpg

ムラサキシキブの冬芽には大きな変化は見られません。
resize14772.jpg

森を抜けて南側の森の縁を歩こうとしたら物凄い土埃。慌てて森の中へ逃げ込みました。
風もここまでは吹いて来なく安泰です。
resize14773.jpg

日が西に傾き始めシンボルのシラカシの幹に照らされてきました。
resize14776.jpg


陽が大分延びて、以前のように迫る夕暮れに追われることがなくなってきました。嬉しい限りです。
resize14767.jpg




コメント(0) 

晩冬の筑波へ その2 [啓蟄]

来楽庵さん贅沢な一泊をして翌朝のんびりと真壁側の筑波を登り始めました。
山麓では春の訪れがウメの香りと共に随所で観ることができました。とは言えまだ2月の最終日です。山頂は見た感じでは冬そのもの。薄曇りで肌寒く、余計に冬を感じさせます。

林道脇にはキブシの蕾が出始めています。
resize14756.jpg

クロモジの冬芽はなんとも愛らしい。
resize14754.jpg

なぜクロモジというかと
resize14755.jpg
若枝の表面に出る黒い斑紋が文字に見えることから”黒文字”で、クロモジとなりました。
枝は昔から和菓子に使う爪楊枝として使われてきています。枝からの芳香はうっとりしてしまいます。

標高を上げるに連れて山の景色が一変しています。
ヒノキの伐採で一面山肌が見えています。再び植林されるのでしょうが、元の同じ景色に戻るまでにはもう自分はこの世にはいません。50年後、100年後この筑波はどう変わっていくのでしょうか?
resize14738.jpg
resize14757.jpg


林道から登山道に入っていきます。
冬枯れのコウヤボウキ
resize14739.jpg

ミヤマシキミは二つの姿がみれます。
ひとつは花の蕾。カタクリの咲く頃とほぼ一緒に咲きます。
resize14758.jpg
そして果実。まだあるとは思ってもみませんでした。
resize14750.jpg

ヤマツツジは葉が出始めています。
resize14741.jpg

ウリハダカエデのの冬芽と葉痕
resize14742.jpg


モミの木が現れました。標高も半分を越えてきています。
resize14740.jpg

コナラからミズナラへ。アカシデやクマシデが増えてきて、いよいよブナの林へ。
雲の切れ間から青空も覗かせています。もう肌寒さはなく、少し汗ばむほどに。
resize14743.jpg

いつ降った雪でしょうか?所々にまだ融けずに残っています。
resize14749.jpg

御幸ヶ原に着いていつものように男体山の自然研究路へ。
アブラチャンが多いこの辺りですが、やはり麓とは違い蕾もまだまだでした。

立身石からの眺めは春霞でしょうか?冬のようにスッキリと見渡すことは出来ませんでした。
resize14744.jpg
resize14745.jpg

いつもの北側にあるブナで。
resize14752.jpg

ミヤコザサとミズナラの林
resize14746.jpg

一周して女体山へ。南側の斜面はポカポカ陽気。霜が溶けて足元はぬかるみ始めています。
ブナの冬芽も北側とは膨らみ方も違います。
resize14747.jpg

景色は相変わらず霞がかかり、視界が良くありません。平日にも関わらず人が多く、長居はしたくなかったので下山することに。
筑波高原キャンプ場に向かって下りていきます。アオハダがこの辺りは多いです。
resize14748.jpg

まだ冬の装い。あと1ヶ月は続くでしょう。
resize14753.jpg


カタクリの咲く頃再び訪れたいと考えています。




コメント(0) 

スギ花粉到来 [啓蟄]

昨日、仕事の帰り道に市野谷の森に寄って来ました。
雨上がりで晴れて気温が急上昇、おまけに風も吹く条件下で、森の西側の入り口にあるスギが気になっていました。
赤茶色になったスギの枝先付近の葉、雄花が重く垂れ下がって観てとれます。
棒を使って揺すってみると黄色い煙幕のような花粉が放出されました。
resize14737.jpg

いよいよ花粉到来の時期がやって来ました。
今日は二十四節気の”啓蟄”です。

気温も日中15度に届き、風も収まり良い天気になるそうです。正に暦通り、冬眠していた動物達が土の中から這い出して来そうです。
先週早くもヒバリの初鳴きを聴きました。ウグイスももう僅かでしょう。色々な植物の芽吹きも始まり、花も多く見かけるようになることでしょう。
自分もフィールドに出掛ける機会が冬に比べ断然増えていきます。これも暦のせいでしょうか?



コメント(0) 

戦災を潜り抜けた大銀杏 [啓蟄]

日中汗ばむ陽気も、午後になり風が強くなってきて雲が多くなってきました。明日は春の嵐となりそうです。

先日仕事で久し振り(なんと一年ぶり)に東京に出張ってきました。

東京北区の王子を流れる川”音無川”。
元は石神井川の水を王子神社と南の飛鳥山の間でせき止め東へ流した用水です。その昔は景勝地として親しまれてきました。今は整備されて音無親水公園として多くの人が行き交う場所になりました。これからの時期、近くの飛鳥山公園と同じ桜の名所として賑わうことでしょう。

その音無川から階段を登った所に王子神社があります。
この王子神社、創建年月日はよくわかっていません。文保(1317年 - 1319年)および元弘(1331年 - 1334年)年間に、当地の領主豊島氏が社殿を再興し、王子神社となったそうです。

鳥居を潜ると立派なクスノキが社殿の前に生い茂っています。
resize12715.jpg

社殿手前の右に行く細い道を進んで行くと音無川に降りていく階段が現れます。その階段の横に王子の街並みを見守るかのように大きなイチョウの巨樹が立っています。
resize12721.jpg

東京都の天然記念物にも指定されているこのイチョウ、樹高は24.2m、幹周り5.2mあり、樹齢はこの神社が再興された時のものだとすると約600年になります。
ひこばえも多く出ており樹齢を感じさせないほど元気さが見受けられます。
resize12724.jpg

大枝の付け根からはイチョウによく観られる気根(乳柱)がいくつも垂れています。
resize12727.jpg
resize12725.jpg

resize12718.jpg
resize12719.jpg


昭和20年には前の太平洋戦争で戦災で社殿を焼失。
また室町時代の武将太田道灌が雨宿りをしたと言われるシイを始め、多くの樹木が焼失した中で生き残ったイチョウです。
樹幹の先端部は欠損したそうですが、樹高は高く自然な樹形になっています。
resize12723.jpg

resize12716.jpg

resize12717.jpg


多くの天災や戦災を経験してきたこのイチョウ、これからもこの高台で代わり行く人々の住む街の姿を見続けて生長していくことでしょう。
resize12726.jpg








コメント(0) 

土筆 [啓蟄]

今日は彼岸の入り
彼岸は昼と夜の時間が同じと言われていますが、東京では実際のところ16分ほど昼間の時間の方が長いのです。中日の4日程前のちょうど今が昼夜同じなのです。

今日は朝から暖かく、霜も降りませんでした。いよいよ春本番といったところでしょうか?

流山の中地区のの里山では土筆が出ていました。
DSC_0030.JPG

DSC_0034.JPG


resize12711.jpg

オオタカ、ウグイスの鳴き声が聴こえてきました。


春が来るのを待ち構えていたかのように、ナナホシテントウが歩き、タネツケバナ、オオイヌノフグリやホトケノザの花がが咲き誇っています。
resize12712.jpg

resize12714.jpg

resize12713.jpg






コメント(0) 

カグラの花咲く [啓蟄]

引き続き昨日の市野谷の森

クヌギがメインの林からコナラの林へ。
草本層に多く観られるアオキ。雄花の蕾は開花寸前です。
resize12708.jpg

落ち葉を掻き分けてヤマトリカブトの葉が出てきました。
resize12710.jpg

そして待ちに待ったウグイスカグラが開花し始めました。鎌ヶ谷の粟野の森より2週間程遅い開花になります。
resize12688.jpg
resize12709.jpg
resize12689.jpg

マユミの芽吹き
resize12690.jpg

そしてガス漏れの臭いに似たヒサカキの花。
resize12691.jpg
実は先日仕事で都内を歩いていたらヒサカキの匂いがしたので、近くに咲いていると探したところ、なんとプロパンガス屋さんから漂っている本物のガス臭でした。匂いがそっくりなことを改めて体験しました。

日当たりのよい農家の軒先にトウダイグサが咲いていました。
resize12692.jpg


天気予報ではこれからだんだん気温が高くなり春を迎えると言っていました。冬将軍も北へ帰っていったことでしょう。桜も例年より早めに咲くそうで、今年こそは吉高の桜を見に行こうと思います。

resize12694.jpg





コメント(0) 

市野谷の森に春の訪れ [啓蟄]

3月も半ば。ここ一週間天気も良くなく寒い日が続きました。

今日は漸く晴れました。北東からの風はあるものの、風の来ない所では日差しが暖かく感じられました。
定例の市野谷の森へ出掛けてきました。
resize12695.jpg

西側の入り口のスギは花粉がピークを迎えています。軽く揺すっただけで煙幕状態で辺りが黄色くなります。
resize12702.jpg

入り口に立つ木々。イヌシデやクヌギも肉眼でそれとわかるまで新芽が出始めています。常緑樹はシラカシです。
resize12703.jpg

いつものクヌギの定点観測。左のイヌシデの芽も大分膨らんできています。
resize12687.jpg

イヌシデの芽
resize12693.jpg

ニワトコはここまで生長しました。
resize12697.jpg

陽が常に当たるところではタチツボスミレが一輪だけ早くも咲いていました。
resize12704.jpg

それでも落ち葉を掻き分けてハート型の葉が沢山出てきています。ここ数日で咲きそうなものも。今週末にはあちこちで咲き始めることでしょう。
resize12696.jpg

春になると上見たり、下見たりと忙しくなります。
resize12698.jpg
写真下の落葉樹はエノキ、左上と中央はムクノキです。エノキの方が先に芽が膨らんでいるようです。

森の奥のクヌギとコナラの定点観測場所へ。
resize12705.jpg
西側の入り口にあるクヌギに比べ生長が遅いようです。

コウヤボウキの冬芽は硬く毛に覆われていましたが、漸くそれも膨らみ始め、緑が目立ってきました。
resize12706.jpg

オニシバリは花が満開です。葉や茎と同色の花は見落としがちになります。
resize12707.jpg



そして漸くこの森にもウグイスカグラの花が咲き始めました。
風が吹いていたせいか鳥の鳴き声がほとんどありませんでした。肝心なウグイスもこの森ではまだ聴いていません。はてどうしたことか?



コメント(0) 

伝説のシイの木 [啓蟄]

流山にある熊野神社にはこんなシイノキの伝説があります。
resize12655.jpg

4、500年前疫病が流行したこの周辺の8つの部落、鎮守を迎えようと紀州の本社熊野神社から守札を受け取りに行きました。
御札を授かり、祀ろうとしたところ、この御札の中に椎の実が紛れ込んでいたのです。そしてこれを撒いたところ8本(8幹)のシイの木(八木八幹)が成長しました。
この木を御神木として扱うと同時に8つの村をひとつにまとめて八木村にしたそうです。(実際、1889年4月から1951年4月まで八木村として栄えました)
その後、いくつかの部落自ら鎮守を持つようになると幹が1本ずつ枯れていき5本の幹になったそうです。

この熊野神社には確かに樹高のあるスダジイが何本もあります。鎮守の森にふさわしいドーム型に広がる樹形はもうこの流山でも数えるほどになってしまいました。
resize12652.jpg

急な階段の参道を上りきった右側に何本にも分かれた古いスダジイがあります。主幹は空洞ができており、大分弱っていますが周りの木々はまだ元気そのもの。
resize12656.jpg

幹周りは4m弱、樹高は10m程。ひこばえも生えています。樹齢はもしこの伝説が合っていれば4、500年になります。
resize12657.jpg

resize12659.jpg


この木が果たして伝説のシイの木かは定かではありませんが、500年もの間、高台にあるこの神社からこのスダジイはずっと流山を観てきました。
まさかこの森だけが残り、周りが次々と切り崩され、家が建ち、電車が走り、多くの人々が住むことになるとは想像していなかったことでしょう。
周りの喧騒が嘘のように、静かに佇む熊野神社は都市開発地区に入っており、いずれこの地もなくなってしまうのかもしれません。

resize12649.jpg


このスダジイの森に小さな沢山の妖精たちが春を待ちわびていました。
resize12653.jpgresize12651.jpgresize12650.jpg






コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。